2017年新春、Apple初売りスタート

Apple Storeの初売りがいよいよスタートされました。

Appleの毎年恒例の初売りですが、去年2016年は初売りや福袋(Lucky Bag)販売はなかったため、「もうやらないんじゃ」みたいな雰囲気もなきしもあらず、でしたので今回待ちわびていたApple fanな方も多いのではないでしょうか。

でも今年も福袋(Lucky Bag)販売はやらないようですね。

» read more

榎本了壱コーカイ記@ギンザ・グラフィック・ギャラリー

メリー・クリスマス。展覧会最終日がクリスマスイヴの、クリエイティブ・ディレクター、プロデューサーでもある榎本了壱(えのもと・りょういち)さんの作品展を観てきました。個人的には2016年最後の展覧会でした。

1階がポスターや、3年もかかって書写したという澁澤龍彦さんの「高丘親王航海記」とその挿絵、地下フロアが、サブカルチャー誌「ビックリハウス」や、膨大な量のアイディア・ノート『脳業手技』や数々のポスター等、余すところなく表現されていました。

» read more

風景との対話@東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館

「東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館」の収蔵作品から風景がテーマの絵画作品展覧会に行ってきました。

約80点の選りすぐりの風景画コレクションは、思った以上に様々なタイプの作品が楽しめ、油彩画、日本画の他にエアブラシのまるで写真のようなグラフィカルで写実的なものや、幾何学的な抽象画作品もあり、風景画の奥深さを感じられた展示でした。

展示構成は全8部で

  • 第1章 フランスのエスプリ
  • 第2章 東郷青児の旅
  • 第3章 日本の風土
  • 第4章 異国の魅力
  • 第5章 意識の底の地
  • 第6章 日常の向こう側
  • 第7章 世界の感触
  • 第8章 思い出のニューヨーク州

で、第1章がフランスの作家中心の作品で、第2章が東郷青児の17作品、第5章がジャン・カロジェロとモニック・グルゴー他日本人作家の作品、第8章がグランマ・モーゼスの14作品、他は全部日本人作家の作品と、東郷青児も含め半数以上が日本人作家の作品を占めていましたが、日本画で動物を描いた作品や、室内静物を描いたものまで幅広かったです。

展示作品の大部分は東郷青児旧蔵のものがほとんどで、寄贈作品(モニック・グルゴー)、寄託作品(モーリス・ユトリロ、グランマ・モーゼス、岸田劉生、世良正、東山魁夷、山口華楊、東郷青児)の他にも美術館大賞作品やFACEグランプリ作品もありました。

チケットに使用されているのは福本章氏作の『ムラノの朝』という朝にどことなく霞がかったような、日が昇る美しい情景の油彩画ですが、こちらは第23回美術館大賞時の収蔵作品とのこと。

笠井誠一氏の『二つの卓上静物』という作品が物体自体は立体的ではあるものの、それ自体の影がなく、テーブルや壁が平面で不思議な遠近感のイラスト風な作品が個人的には印象的でした。

 

『風景との対話 - コレクションが誘う場所 -』展
2016年11月26日(土)〜12月25日(日)
東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館

ダリ展@国立新美術館

久しぶりにダリってきました。

日本では約10年ぶりの回顧展で、前回は確か上野だったような・・と思ったらやはり観に行ってました「ダリ生誕100年記念回顧展」を、しかも正月に。

今回は日本からの出品に加え、スペインのガラ=サルバドール・ダリ財団蔵と国立ソフィア王妃芸術センターに、アメリカのサルバドール・ダリ美術館の主要3カ所からのコレクションの油彩、ドローイング、オブジェ、ジュエリー、書籍、映像等約250点の作品構成ということで、過去最大規模というのが楽しみでした。

そんな今回の「ダリ展」も9月よりスタートしていたので会期も残りわずか、ということで15時頃から会場入りしましたが、平日の昼間にもかかわらず既に人の多さにびっくり。

通常、混雑気味の展覧会でも、入口付近だけに人が溜まり、奥の方に進むにつれて空いてくる場合が(今まで行って来た中では)多かったのですが、今回は逆に、作品数も多かったせいか時間が経つにつれて、後から入場されたお客さんの方が多かった、というのが人気の高さを伺わせます。

» read more

ピエール・アレシンスキー展@Bunkamura ザ・ミュージアム

Bunkamuraザ・ミュージアムで開催中の、ベルギー現代美術を代表するビジュアル・アーティスト、ピエール・アレシンスキー氏の作品展覧会に行ってきました。

日本・ベルギー友好150周年を記念して開催される「作品数約80点が来日、日本初の大規模回顧展」とあって、想像以上にエネルギッシュで抽象的な作品ばかりで、さらに大型なサイズの絵画も多かったので圧倒された感じでした。

1955年には来日し、「日本の書」という短編映画まで制作されているマルチなクリエイターですが、今年で89歳の今なお現役で変わらず活躍されているのが驚きです。禅の画家・仙厓を師と仰ぎ、また前衛書道家・森田子龍との交流などの影響もあり、独特な筆遣いを作品に取り入れたりと、日本との係わり合いの強さも展示と同時上映の本人インタビューの映像で知り得ることが出来たのが興味深かったです。

» read more

Time Capsuleの無線LANが突然繋がらなくなったら

Time Capsuleでネットが突然繋がらなくなった・・・。

といってもの、ルーターに有線LANは繋いでいるPC類は問題なく、無線LANでの接続の話ですが、Wi-FI接続でiPhoneやiPadでネットが使えないのはそれはそれで困ります。

 

Macから「AirMac ユーティリティー」を起動してもTime Capsuleの異常なエラーは確認できず、本体ランプもいつもと変わらないグリーンの点灯です。首を傾げるばかりですが、とにかくネットに繋がらない端末の「Wi-Fi」をオフにしたり、再起動してみるもネットワーク名は表示されるのにiPhoneの画面上部に「Wi-Fi」接続マークが出て来ないという不思議。さらにTime Capsule自体も再起動(コンセント抜き挿し)してみたいするも回復せず。

 

結局思いつくだけやることはやったはずのなので、この後どうしようと思っていたら、もうひとつやり残していたものを思い出しました。

» read more
12345>|next>>
pagetop