WorldCup TweetViewer v.2

4年前のW杯でもデスクトップ(Adobe AIR)アプリとしてこっそりリリースしてましたが、今回もWebアプリとして超開幕ギリギリに急ぎでTwitterビューアーアプリ「WorldCup TweetViewer v.2」を作りました。 W杯関係のキーワードとハッシュタグを1本のタイムラインで表示するだけのシンプルなアプリです。

XAMPP と MAMPP

そういえば、自分の使っている今のMacにMySQLが入ってなかったことを思い出し(それまで使ってなかったことがバレバレですが)、今更ながら「XAMPP for Mac OS X」をインストール(Mac OS X v.10.4, PowerPC)しました。
XAMPPとはWindowsやMac、LinuxでPHPやMySQLなどの動作確認が行えるサーバ環境を構築するためのソフトウェアパッケージなのですが、もうひとつXAPMMのMac版(はあるけど、似たようなソフト)とも言えそうなMAMPP(Mac版のみ)というソフトも今回使って比べてみました。

双方にPHP4とPHP5が切り替えられる様になっており、MySQLはphpMyAdminでデータベース管理・操作、ってところは同じです。SQLiteに関しては、XAMPPが「phpSQLiteAdmin」に対して、MAMPPが「SQLiteManager」が入っています。便利だと思ったのは、MAMPPは環境設定で、ApacheとMySQLのポート番号を簡単に変更できる点。初期設定は標準ポートではないので、放っておいてもXAMPPとバッティングせず使用が可能。印象としては、XAMPPよりもシンプルで使いやすい気がします。Mac ユーザーで、PHPとMySQL、そしてSQLiteを軽く使ってみたい人にはMAMPPもいいかもしれません。
ちなみにソフトウェアの多さ、高機能といった面ではやはりXAMPP使った方が無難です。
» read more

ユニークな人材広告

「とてもユニークなコンピュータエンジニア募集の広告写真」(GIGAZINE)

確かに数式解いたら採用係の電話番号、って発想は合理的で、まるで主人公が暗号を解き進む映画みたいでユニークです。でも昔のGoogleのやった匿名求人広告ボード(↓下の数式のアドレス)はさすがレベル違うな〜なんて当時相当インパクト受けましたのを思い出しました。

{first 10-digit prime found
in consecutive digits of e}.com

{eの値中の、最初の連続する10桁の素数}.com
» read more

Macで復活の「eclipse」

MacのOSを10.2から10.3にアップグレードしてから、ローカルマシンでPHP扱ってないかも、と思い出し早速PHPの再設定。。。すっかり忘れていたので、本を読み返しました。設定ファイルをいじってPHP動くようになった時点で、昔まったくの興味本位で入れて動かなくなって以来触ってなかった「eclipse」を起動したら、なにやら初めて見る様なワークスペースなどが開いて、どうやら正常起動したようです。もしやこれはMac OS 10.3より上位推奨環境?それで前バージョンで動かなかったのでしょうか。
それにしても「eclipse 3.1」が古いのか新しいのかもよく分かってない有様です。

「Ajaxって結局何なのさ」的な話

Ajaxというのは、JavaScriptによる非同期通信で、リアルタイムな表示の遷移を行う技術のことなのですが、わかりやすく言えば、WebページでFlashみたいな滑らかな動きをしている部分があったけど、実はFlashじゃなかった、という部分(大雑把な言い方ではありますが)がそうだったりします。昨年は特に「Google」などで使われている事も手伝って話題沸騰でした。
しかしなかなか手を付けられなかった去年。今年こそはちゃんと取り組みたい思いを抱いて、Ajaxセミナー@デジハリ池袋校に先日参加してきました。

その後Ajax関連のサイト巡回していたら、こんなサイトを発見して思わずひっくりかえりそうになりました。↓これはちょっとおもしろすぎです。
★Ajaxって結局何なのさ
» read more

IT業界の勘違い

たまたま見つけた「Tech総研」の「ライフ&ワーク研究室:Dr.きたみりゅうじの“IT業界の勘違い”クリニック」。元SEで現在イラストレーター(システム技術系から確定申告の本までの幅広い著書もある)のきたみりゅうじ氏が、IT業界における勘違いされやすい話を中心に独自のマンガで展開しているコラムです。勘違い、というよりは独断と偏見かもしれませんが、別にSEに限定しなくても、我らネット関係(WEB制作業)にかかわっている大部分の人が当てはまるんじゃないでしょうか。「SEって、ExcelとかWordなんかも詳しいんでしょ?」とかの話も、みんなパソコンいじっているから何でも知っていると思うなかれ、っていう具合にうなずけたりする話題も多いです。

昨日の紹介したリクルートつながり、ってわけではないのですが、この「Tech総研」サイト、エンジニア向けの割には結構「ものづくり」な仕事(よく言えばクリエイティブ業界)でパソコンをメインでよく使う方なら結構共感できそうな面白コンテンツが満載です。ちょっとした息抜きに読める感じ。

ソースコードまで検索する「Google」

Google Code SearchGoogleの新しい検索サービス「Google Code Search」は、Web検索と同様に、公開されているソースコードを検索することができる(どちらかというと)プログラマー向けのサービス。
特定のプログラミング用語やコンピュータ言語を探し出し、圧縮されたコードから特定の機能を見つけることができ、さらに特定のライセンスに基づくソフトウェアコードを探すことも可能。最初からオープンソースやGPLなのとかチェックできたら(もしくはデフォルトだったら)確かに閲覧する方も安心。だから検索キーワードには正規表現を用いることができるほか、ソースコードの言語、ライセンス、ファイル名、パッケージ名などの指定ができます。
ちょっとやってみると、PHPファイルなどもガンガン引っかかるんだけど、なぜかほどんどが圧縮ファイル(ZIP,TAR.gz など)。勉強用には頼もしい限りですが、実際運営しているシステムファイルが覗かれる危険性は?とすぐ考えてしまいます。(それやっちゃ大変なことになりますが)[参考:ITmedia]

行きそびれたセミナー

知っている先生が出ているので、今年こそは行こうかなと思っていたのに、すっかり忘れて逃したカンファレンス(セミナー)がありました。(今頃気づくのも遅すぎって感じですが)
★PHPカンファレンス2006
プログラム概要を見ると、興味がある内容が結構たくさん。非エンジニア(デザイナー)に向けてのワークフロー解説はもちろん、AJAX with PHPも気になる。

とりあえずをダウンロードできる講演資料はありがたいです。
今やPHP6ですか、PHP5もまだ使用比率は一割のようで(「PHPの今とこれから2006: PHPの最新事情」講演資料より)普及しない理由で「PHP4の完成度が高く,バグ修正等のサポートが継続されている」っていうのは共感。だって4でいいじゃん、って話で結局終わるのと、5に移行するのと、脳みその許容量が一致しないため(自分に限って)。

ゼロから解るPHP講座@デジハリ

やっと終了しました。新規受講生向け学校説明会(オープンイベント)「PHPプログラミング講座」のプレ授業にゲスト講師として講演を行いました。声かけて下さった学校スタッフの方、ならびに最後まで話を聞いてくれた下さった受講生の皆様、ありがとうございます。
今回は自分の経験ネタも踏まえた、完全デザイナー向け、超初級!WEBシステム概論からの説明しましたが、これをきっかけに楽しくPHPも勉強してみようかな、という未来のデザイナーさんが増えるとうれしいですね。
それにしても久々に1時間ぶっ通しでしゃべり続けたので、少々疲れましたが、講義のあとに受講生の方が興味深かそうに「本講座の方も先生が担当されますか?」と話しかけて下さったのが嬉しかったです。

MySQLデータベース操作ツールの比較

Web用高速データベース、MySQLでデータベースを作成する際、できる限り、コマンド手打ちでやっているのですが、人には、視覚的にもわかりやすく、Webブラウザから操作できる「phpMyAdmin」というソフトをよく勧めたりします(かなりメジャーで、世界中で使われています)。データベースやテーブル、フィールドの作成をおこなうことができ、各フィールドの属性の決定や変更も可能です。レコードの表示して、データベースの動作を細かく確認しながら、コーディングできるので使いやすいのです。そして何よりもWindows 以外にMac OSにも対応しているのが、Macユーザーにとっては有り難い。
それとは別に、Windowsにのみ対応している似たようなユーザーインターフェース(GUI)を持つ「かねやんMySQLAdmin」が、それ単体で動くアプリケーションなのを今さらながら知りました。
» read more
12>|next>>
pagetop