余っているディスプレイをiMacのサブモニターに

ちょうど10年ほど前に買って、しばらく当時はMac miniの液晶モニターとして数年使い、その後今は使われずに置物状態だった17インチ液晶ディスプレイ(アイ・オー・データ)が一台あったのですが、壊れもせず、誰かに譲渡する機会もなかったので、何かに使えないものかとずっと思いつつも部屋の隅に放置していました。
今メインで使っているパソコンがiMac27インチモデル(パソコン本体モニター一体型)で、充分画面は大きいのですが、このMacで使っていなかった(空いている)「Thunderbolt」のポート(出力端子)を使って、他社のディスプレイを繋いでデュアルディスプレイ化に出来るらしい!という情報を見つけて試してみることに。

 
エレコム
¥ 2,384
コメント:お値段がお手頃ですぐ手に入って良かったです。

» read more

YouTubeデビューしました

今更ながら、仕事とは関係なく、作成(撮影・編集)させて頂いた動画を数日前よりYouTubeにて公開。
https://www.youtube.com/watch?v=eCrvTKKdTXc

Adobe After Effects(以下AE)はやはり奥深いですね。それにしてもエフェクトの「ワークスタビライザー」はすごいです。
映像素材の手ぶれを補正してくれる機能なのですが、どうやらワープスタビライザーの機能そのものは、CS5.5から搭載されていたらしいですが、今回使用したのはCC 2014の「ワークスタビライザー VFX」。エフェクトを適用するだけで自動的に解析が始まり、その後スタビライズ処理が行われます。これがまた思った以上の効果があり、なかなか大きな手ぶれも直してくれるすぐれものでした。
» read more

マーシャルアンプのデザインのスピーカー

銀座に行ったついでに、Apple Store Ginzaにも立ち寄ったら、店の外にまでのびる長蛇の列が。
何かと思ったら、iPhone 6&6 plusの予約分の購入希望者の列、ということで(店によりますが)今だ並ばないと買えない場所がある事自体に驚きでした。

そんな中、2階のスピーカー展示品にまた気になるのを発見。カッコいいマーシャルのロゴが目立つ、アンプのデザインのBluetoothスピーカーで、音はさることながら、4種類の入力系統に、だいたいの今までのiPod、iPhone、iPadと幅広く対応しているのも良いですね。カラーバリエーションも写真の他に「CREAM」があるようです。
Marshall Stanmore Bluetooth Speaker

「Harman Kardon」の新モデルスピーカー

なんと10年もの間同じデザインを貫いていたスピーカーのデザインが変わった新製品がApple Store銀座店で見かけてビックリ。ワイヤレススピーカーシステム、Harman Kardon 「Aura」は前回バージョンからワイヤレス対応になっていましたが、Bluetoothのみだったので、今回初のAirPlayモデル!
それにしても随分とスッキリとしたデザインになったものだ、と思ってよく見たら前ハイカット調整ボタンが見当たらなかったのが気になったりで、やっぱり個人的には前までのデザインが好きだったりします。

Genevaのスピーカー

インテリア的にもかっこいいです。
» read more

完全自動生成の大都会夜景CG「Pixel City」


・約1,700棟のビルのランダム生成
・43,000ポリゴン
・メイキング50時間
これが全部プログラムで自動生成されたものだからすごいです。ビルを何パターンか作って敷き詰めて、最後に車の走行を加えて出来上がり〜って感じみたいです。作者であるShamus Young氏によってプログラムのソースコードや、スクリーンセーバーも公開中。
詳細:GIGAZINE

グラフィックデザインなどの世界では、「なんとなくそれっぽく見える(見せる)手法」というテクニックが昔から多数存在しますが、ここまで内部プログラムによってアルゴリズムを操作できれば「どっかの都市の夜景っぽい」ことがリアルに自動でできるんだな、っていう証明された感があります。もちろんディティールを突き詰めれば、少々アニメに登場する背景みたいとも思いますが、いわゆる都市で生まれ、こういった夜景が身近にある生活をしている自分が見ても、キレイな夜景だと感じるから相当すごいと思います(プログラムが)。

イヤフォン型スピーカー「500 XL」

また「ザ・コンランショップ」へ行ってみたら、前見たラジカセの隣にiPodの例の白いイヤフォンを巨大にしたようなスピーカーが置いてありました。

★500 XL speaker

イヤフォン500倍の大きさ、ってことらしいですが、発想がすごい。
今まで別にiPodのイヤフォンがかっこいいとは思った事ないけど、いつのまにか白いイヤフォン付けて音楽聴いている人=iPodユーザーっていう社会的暗黙の方程式を生み出した、そのイヤフォンをモチーフにするとは面白いです。(あ、ヴィレヴァンでも販売中

しかしこのスピーカー、正面から見るとその意図が気付かれにくいのが玉にキズ。

iPod専用アンプシステム

オンキヨー ONKYO iPod専用Dock搭載CDチューナーアンプシステム「AERO Sound System」 CBX-Z20この間、呼んでもらった結婚パーティーで見事、今までにない豪華な引き出物を当ててしまいました。
ONKYO製CDチューナーアンプ「AERO Sound System/CBX-Z20」音質はさすがになかなかいいです。iPodをDockに挿すだけで充電してくれるし、パソコンに繋がなくてもiPodをスピーカーで気軽に楽しめるところが気に入って使っています。オールインワンなので、買ってきたCDもやはりパソコンいらずに聴けます。
パソコンで全て賄う機能だけど、パソコンとは別にオーディオシステム置くなら、こういった一体型は場所取らなくて便利だなーというのが実感です。というわけで現在、仕事場で活躍中。

Premiere の書き出しファイル形式

Adobe Premiere Pro CS3 for Mac で、avi形式のビデオファイルを作りたいのに、書き出し項目見当たらず。やっぱりMac版ではダメ?

 


っていうか少なくない?このファイル数。

» read more

MVトライアウト応募

出来映えは置いといて、とりあえず記念アップ。(してましたが、eyeVioの運営会社も変わったようなので、気付いたらコンテスト応募作品用チャンネルごと削除されていました・・・どうやらJASRACとの契約が解約されるから、新“eyeVio”サービスには移行されないみたい。←2009年7月追記)

今回木村カエラの楽曲を使ってミュージッククリップを制作するというお題で「eyeVio ミュージックビデオ トライアウト Vol.1」に映像を勉強した自分への課題として応募してみました。
» read more
12345>|next>>
pagetop