榎本了壱コーカイ記@ギンザ・グラフィック・ギャラリー

メリー・クリスマス。展覧会最終日がクリスマスイヴの、クリエイティブ・ディレクター、プロデューサーでもある榎本了壱(えのもと・りょういち)さんの作品展を観てきました。個人的には2016年最後の展覧会でした。

1階がポスターや、3年もかかって書写したという澁澤龍彦さんの「高丘親王航海記」とその挿絵、地下フロアが、サブカルチャー誌「ビックリハウス」や、膨大な量のアイディア・ノート『脳業手技』や数々のポスター等、余すところなく表現されていました。

» read more

ダリ展@国立新美術館

久しぶりにダリってきました。

日本では約10年ぶりの回顧展で、前回は確か上野だったような・・と思ったらやはり観に行ってました「ダリ生誕100年記念回顧展」を、しかも正月に。

今回は日本からの出品に加え、スペインのガラ=サルバドール・ダリ財団蔵と国立ソフィア王妃芸術センターに、アメリカのサルバドール・ダリ美術館の主要3カ所からのコレクションの油彩、ドローイング、オブジェ、ジュエリー、書籍、映像等約250点の作品構成ということで、過去最大規模というのが楽しみでした。

そんな今回の「ダリ展」も9月よりスタートしていたので会期も残りわずか、ということで15時頃から会場入りしましたが、平日の昼間にもかかわらず既に人の多さにびっくり。

通常、混雑気味の展覧会でも、入口付近だけに人が溜まり、奥の方に進むにつれて空いてくる場合が(今まで行って来た中では)多かったのですが、今回は逆に、作品数も多かったせいか時間が経つにつれて、後から入場されたお客さんの方が多かった、というのが人気の高さを伺わせます。

» read more

ピエール・アレシンスキー展@Bunkamura ザ・ミュージアム

Bunkamuraザ・ミュージアムで開催中の、ベルギー現代美術を代表するビジュアル・アーティスト、ピエール・アレシンスキー氏の作品展覧会に行ってきました。

日本・ベルギー友好150周年を記念して開催される「作品数約80点が来日、日本初の大規模回顧展」とあって、想像以上にエネルギッシュで抽象的な作品ばかりで、さらに大型なサイズの絵画も多かったので圧倒された感じでした。

1955年には来日し、「日本の書」という短編映画まで制作されているマルチなクリエイターですが、今年で89歳の今なお現役で変わらず活躍されているのが驚きです。禅の画家・仙厓を師と仰ぎ、また前衛書道家・森田子龍との交流などの影響もあり、独特な筆遣いを作品に取り入れたりと、日本との係わり合いの強さも展示と同時上映の本人インタビューの映像で知り得ることが出来たのが興味深かったです。

» read more

祝!国立西洋美術館が世界文化遺産に決定

急に決まったようでビックリしました。

(参考)国立西洋美術館 ユネスコの世界文化遺産に決定(NHKニュース)

 

東京・上野にある国立西洋美術館は「近代建築の巨匠」と呼ばれたフランス人の建築家、ル・コルビュジエが設計した日本で唯一の建物だそうで、フランスとの国交回復の象徴として、昭和34年に建てられたとのこと。

世界文化遺産への登録をこれまで2度にわたって見送られたり、その後トルコのイスタンブールで開かれているユネスコの世界遺産委員会が、軍の一部が起こそうとしたクーデターの試みにより審査が中断されたりと苦難を乗り越え、まさに悲願の決定だと言えそうです。

» read more

リバプール国立美術館所蔵 英国の夢 ラファエル前派展@Bunkamuraザ・ミュージアム

Bunkamuraザ・ミュージアムで開催されている展覧会の会期が今週末までだったので、観に行ってきました。

リバプール、といえば世界先立つ産業革命の発祥のイギリスの都市ですが、「リバプール国立美術館」とは、そのリバプール市内及び近郊の3つの美術館の総称で、世界有数のラファエル前派の名品有する美術館としても名高く、今回はその所蔵作品の中からロセッティ、ミレイ、ハント、ウォーターハウスなど選りすぐりの65点の油彩・水彩画の傑作絵画が満載の展覧会でした。
» read more

浅葉克己のタイポグラフィ展「ASABA’S TYPOGRAPHY.」 @ggg

今日銀座に行った時に、今年初のギンザ・グラフィック・ギャラリーの展覧会を見にあまり時間がない中寄ってみました。

日本のタイポグラフィー制作の第一人者とされた方で、誰もが目にするパッケージのお仕事などを手がけられたアートディレクター浅葉克己氏のタイポグラフィー中心の展覧会でした。コラージュや掛け軸の新作やポスターもありましたが、作品よりも展示方法が印象的でした。後はイラストや制作の原点を窺わせる日記など見応えがありました(プロフィールサイト「浅葉克己デザイン室」でも一部見る事ができます)。
そして気になるのはやはり、この展覧会タイトルでも使われている個性的なタイポグラフィー!トンバ文字に造詣が深い浅葉氏ならではの味のあるフォントは外でも中でも楽しめました。


第341回企画展
浅葉克己のタイポグラフィ展「ASABA’S TYPOGRAPHY.」
2015年01月09日(金)〜01月31日(土)
ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)

オルセー美術館展@国立新美術館

前回(2007年)観に行ってから個人的には7年ぶりに「オルセー美術館展」を見てきました。なのでこの展覧会を国立新美術館で見るのも今回初ですが、それにしても、終了日の前々日、しかも会期最後の日曜とあって、だいぶ混雑してま(ちょうど別の展示室で同時期開催中の「チューリッヒ美術館展」も大盛況だったらしく、その分の入場者も含め会場全体人が多い感じで)した。
フランスのパリ・オルセー美術館を代表する至高の名画84点(作品リスト:PDF)が来日する絵画展で、テーマは「印象派の誕生」。19世紀後半のマネ、モネ、ルノアール、ドガ、セザンヌなどの時代の巨匠たちの大作を目の当たりに出来たのが良かったです。

オルセー美術館展 印象派の誕生 ―描くことの自由―
2014年7月9日(水)~10月20日(月)
国立新美術館
» read more

ヴラマンク展@損保ジャパン東郷青児美術館

ヴラマンク展やはりヴラマンクはいいです、ダイナミックで。第一次世界大戦終戦前後に活躍したフランスのフォーヴィスムを代表する画家のひとりです。感覚を重視し、色彩はデッサンや構図に従属するものではなく、芸術家の主観的な感覚を表現するための道具として、自由に使われるべきであるとする「フォーヴィスム」がそのまま、キャンバスに放出されたようなブラマンクの絵画は、決して写実にはない、ありのままの静物の良さを引き出したようなものばかりでした。

没後50年「モーリス・ド・ヴラマンク展」
2008年4月19日(土)〜6月29日(日)
損保ジャパン東郷青児美術館

第53回新世紀展@東京都美術館

新世紀展
先月の話ですが、前回(第52回)同様、今年も行きました。今回は全体の中でも、新人賞受賞作品が特に良かったと思います(下写真)。

★第51回新世紀展

第53回新世紀展(東京展)
2008/4/6〜4/20  東京都美術館
» read more

TEXTASY:ブロディ・ノイエンシュヴァンダー展@ggg

TEXTASY文字の魅力にとり憑かれて以来、カリグラフィーの実践に挑んできたベルギー在住のアメリカ人アーティスト、ブロディ・ノイエンシュヴァンダーの平面作品と、ビデオインスタレーション展。

1階展示室には、大パネルによるカリグラフィーとコラージュによる抽象作品、地下1階では、映像作品「SKIN」の上映が行われていました。この映像はプロジェクターを2台使っており、1つの画面を3つ横にくっ付けた感じで、横に幅広く(1:4ぐらい)壁に投影されているものですが、中世の病院を改築した美術館のために制作されたもの、ということで、最初に病院の殺風景な内部からの描写に始まり、BGMとして不調和音系の怪しげな音楽と歌が重なり、ところどころ出現するカリグラフィーによる文字の出現がなんとも言えない、感情の倒錯を感じさせられました。

要するにカリグラフィー使って映像表現するのって今までありそうであまり見たことなかったので、新鮮でした。

第261回企画展
TEXTASY:ブロディ・ノイエンシュヴァンダー展

2008年3月6日(木)〜3月31日(月)
ギンザ・グラフィック・ギャラリー(入場無料)
12345>|next>>
pagetop