PHS端末の人気の復活

日本ほどユーザーがケータイに金をかける国はないそうだ。

相変わらずドコモに常に対抗している、auやvodafoneで盛り上がっている携帯電話市場の影に、すっかり追いやられたかと思ったPHS端末。
去年12月に発売されて即日完売、現在入荷待ち、という人気のPHS端末がウィルコムの「W-ZERO3」
一見、形状はPDF(携帯情報端末)にも似ているが、フルキーボード付きの電話?でさらにケータイに今や標準で使うカメラ機能や、PCでインターネットを使うときに必要なワイヤレスLAN(IEEE802.11b準拠)も搭載。
実際、販売店の店頭で触ってきましたが、思ったより軽い(約220g)。
PDFにはもともと情報を見るのに中途半端で興味なかったけど、これは久々にすごいと思いました。電話もPCもカメラもワンセット。電話にしてみれば大き過ぎるかもしれないけど。

ちなみにアメリカで「ブラックベリー(blackberry)」というメール機能とセキュリティが強固なケータイが大人気だそうだ。キーボードが付いているところがなんとなく似ている気がする。

でも、私個人的にすっごい使ってみたいのは、
やっぱりiTunes搭載の「ROKR」

comments

   

trackback

pagetop