藤田嗣治展@東京国立近代美術館

平日の午前中にもかかわらず、東京国立近代美術館の前に長蛇の列が!!軽く200人はいましたね(しかも既に開館してたのに)。思わず「今日祝日?」と疑いたくなる程の混みっぷりです。並ぶこと約20分、やっと来場できても人が詰まり過ぎていて、壁の裏側にある最初の絵に辿り着くのにも少々時間がかかったほど(ホント)の大盛況で、人気の衰えを知らない画家、藤田嗣治の生誕120年記念展覧会に行ってきました。作品総数約100点!今回も相当ボリュームがあり、作家生涯を通しての画風の軌跡を辿っていく形式の展示が良かったです。藤田嗣治(レオナール・フジタ)はフランスで主に活躍した日本人アーティストで、本人の代表作でもある、裸婦画や自画像が多くあり、描かれている裸婦の肌色が陶器のように輝いていて幻想的でした。猫が本当に好きだった人のようで、「自画像」(1936年)の着物の胸元から顔出している猫の表情が何とも言えないぐらいかわいい。あと空中を舞って戦っている数匹の猫たちの様子をリアルに描いた「猫」(1940年)という作品も非常にダイナミックで印象的でした。
4〜2階の常設展もすさまじく作品数が多くて、もっとじっくり見たかった感がありました。東郷青児の「サルタンバンク」やシュールな抽象画の銅版の浜田知明、写真コラージュの岡上淑子の作品群が良かったです。

『藤田嗣治展』 東京国立近代美術館 企画展ギャラリー(1階)
2006年3月28日(火)〜5月21日(日)
常設展『所蔵作品展 近代日本の美術』 所蔵品ギャラリー(4-2階)
2006年3月21日(火)〜5月21日(日)

comments

見ましたよ!記事。GWはもっと混んでたっぽいですね。
本当に繊細なものから壮大で迫力があるものとか、
多彩の作品があって楽しめる展示会ですよね。
ところで画集で「猫の本」なんてあったんですね(売れそう)。

  • ky@cmd+F
  • 2006/05/23 11:22 PM

行ったのは結構前ですが、やっとブログに書きました(>_<)
やっぱり混んでました。

作品は素晴らしいモノばかりでしたね。行列の理由が良く分かりました。

>がじゅまるさん
コメント&TBありがとうございます。
こんばんはー。当日は混んでいる上、初夏の陽気で暑くて、
さらに会場の熱気で少々疲れましたが、行って良かったです。
ところでマンガブログ見たさでまた遊びに行きますね。

  • ky@cmd+F
  • 2006/05/07 2:14 AM

こんばんわ!
すごい行列だったんですねぇ、お疲れ様です。
こちらも混んでいる美術館は久しぶりで、
なかなか絵を見るタイミングがつかめなかったりで
疲れを感じました。
でも本当に綺麗で、感動でした。
動物達への愛情が伝わってきましたねぇ。

>HIROさん
こちらこそ!コメントありがとうございます!
常設展も質と量どちらも良かったですよ。
ただ藤田展ほどの混雑はなく、一転して静かで落ち着いた雰囲気でした。
ゆっくり見られるはずが、(4階から降りてきて)2階は特に駆け足で見るほど時間がなかったのが、今でも悔やまれます。

  • ky@cmd+F
  • 2006/04/28 1:20 AM

TB&コメントありがとうございました。すごい人出でしたね。休日はどうなるのでしょうか。私は藤田の100点を観るのが精一杯で、常設展には入りませんでした。じっくり観ることができれば、まったく別の感想もまた浮かびそうな作品も多かったです。

  • HIRO
  • 2006/04/27 12:09 PM

Takさん、コメント&TBありがとうございます!
並んで待って見たかいのある作品ばかりで本当に良かったです。

  • ky@cmd+F
  • 2006/04/20 1:54 AM

こんばんは。
混雑していましたね。
みんな待ち望んでいたことよくわかります。

TBさせていただきました。

  • Tak
  • 2006/04/19 10:38 PM

>行くならやっぱり早起き
いや、ただ今回も自分がまた時間がなかっただけ。
1時間ぐらいしかいれなかったんだよね。
ただできるだけ早めに行ったほうがいいと思うよ。
そしたら続けて工芸館も行けるね。コースとしては充実できるんじゃないでしょうか。

  • ky@cmd+F
  • 2006/04/19 4:20 PM

その展覧会は、今度行こうと思ってるんだぁ。
TVや雑誌でちゃんと予習しました(^o^)

藤田嗣治氏の人気はホントにスゴイよね。混んでいるっていうウワサは聞いていたので、行くならやっぱり早起きですかね(^_^;)

今のところ
東京国立近代美術館 → 東京国立近代美術館 工芸館 → 三の丸尚蔵館
のルートで行く予定です。

   

trackback

藤田嗣治展 京都国立近代美術館 (1)

藤田嗣治の生誕120年を記念して、企画展が京都国立近代美術館で開催されている。ずいぶん以前に、兵庫県立近代美術館で、この画家の特集展を観た覚えがあるが、久しぶりに約100点の作品をまとめて観ることができた。 ちょうどこの日は、この美術館学芸員の山野英嗣氏

  • 珈琲ブレイク
  • 2006/08/31 9:55 PM
「アート DE すりる!」Vol.1

「藤田嗣治展」 5月20日(金)12:31 「藤田嗣治展」を観る。 1920年にパリに渡り、 モデリアーニなどと親交があった画家。その後も日本〜中南米〜フランスと世界を駆け回っていた。 初期の作品はルノアールやモデリアーニ、ピカソにもろに影響を受け

  • CHEAP THRILL
  • 2006/08/26 6:38 PM
「藤田嗣治展」の衝撃

 パリ画壇で活躍した藤田嗣治(1986−1968)の有名な「乳白色」は、僕にとっては苦手だった。正直なところあまり好きではない。それで京都国立近代美術館で開かれている藤田嗣治展にも、なかなか足が向かなかった。東京では混みすぎて鑑賞できないと、東京から

  • 万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記
  • 2006/07/22 7:42 PM
生誕120年 藤田嗣治展

京都国立近代美術館で、7月23日まで「生誕120年 藤田嗣治展」が催されている。フランスやベルギーを加えた国内外から、壁画大作を含む本邦初公開作品20余点を含む代表作約100点で、その全画業をたどる初めての回顧展となっている。モディリアーニやピカソ等

  • 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
  • 2006/07/13 10:59 PM
藤田嗣治

ちょっと前ですが、国立近代美術館に藤田嗣治展を見にいきました。時代別に並べられた作品群は、藤田という人の人生そのものが、絵の変遷にあらわされているようでした。 あまりお金には困らなかった人なのかなと思いましたが、美しい乳白色と言われる独特の色をはじめ

  • 文学な?ブログ
  • 2006/05/24 2:45 AM
藤田嗣治展@東京国立近代美術館

話題になっていた藤田嗣治展に行ってきました。 事前にすごく込んでいるっていう話を...

  • たいくつな午後
  • 2006/05/23 11:12 AM
藤田嗣治展

  • ブログ ド ガジュマル 
  • 2006/05/03 4:06 PM
生誕120年「藤田嗣治展」を観る

先日。東京国立近代美術館にて、生誕120年を記念した「藤田嗣治展」に観た。平日の

  • 小説のような日々
  • 2006/04/26 10:10 PM
●藤田嗣治展@東京国立近代美術館:4/21 Fri.

私は体力がないので、映画や美術展のハシゴはなかなかやらない。 でも、昨日はやって良かった…。 一晩寝たことだし、気を取り直して、藤田嗣治(つぐはる)の美しい絵画の世界をご紹介したいと思います。(^^)

  • 映画とアートで☆ひとやすみひと休み
  • 2006/04/22 6:52 PM
藤田嗣治:多彩な絵画世界

 やられました、レオナール・フジタに。すごいです、フジタの世界。   きのう、休

  • 単身赴任 杜の都STYLE
  • 2006/04/20 5:48 AM
「藤田嗣治展」

東京国立近代美術館で開催中の 「生誕120年 藤田嗣治展 LEONARD FOUJITA」に行って来ました。 今年2月号の「文藝春秋」に藤田嗣治夫人、藤田君代さんの文章があります。 「祖国に捨てられた天才画家」というタイトルが付けられています。 (一部だけ載せてお

  • 弐代目・青い日記帳
  • 2006/04/19 10:37 PM
藤田嗣治展

藤田嗣治展 Leonard Foujita  現在、東京国立近代美術館で開催されている藤田展に行ってきました。NHK「新日曜美術館」、そしてテレ東「美の巨人たち」と立て続けに特集が組まれ、個人的にも関心が高まっていたところで、お気に入りブログのreeboo05さん やak

  • Pop Life Seeker
  • 2006/04/19 7:12 PM
pagetop