マイクロソフトが狙う最終モバイル

マイクロソフトの謎の『Origami Project(オリガミ プロジェクト)』。先月のその実態が発表され話題を呼んでます。(関連記事)
Windows XP のフル機能を備えた超小型 PC「The Ultra-Mobile PC(UMPC)」は従来のモバイルノートPCよりさらに小型で、小さいけどPCよりは機能的限界があるPDA(携帯情報端末)の間に位置するWindows XP のフル機能を備えた超小型 PCのことです。つまり重さの順番的に、ノートPC(Windows XP)→UMPC(Windows XP Tablet PC Edition)→携帯電話・PDA(Windows Mobile)って感じになります。
Windows XP の機能を全て(Windows XP Tablet PC Edition 2005)使うことができ、約7インチ以下のディスプレイ、800x480ドット以上の解像度、約900グラムの軽さで完全タッチパネル操作。いずれ次期クライアント OS 「Windows Vista」(来年に発売延期)で動作するようになるというこのUMPCの気になるお値段は「最終的には5〜6万円で!」っていうのがマイクロソフト側の目標(やっぱり狙いは中間市場なのね)。最初のターゲットは教育機関(学校で授業で使った後は家で持ち帰って宿題、とか)。でも実際は日本企業がまだまだ慎重だから、まず教育機関からシフトしていくのが理由。実際学校への導入は着々と進んでいる模様。しかしそれより先に消費者市場に出るようなので店頭に出たらチェックしてみようかな。ちなみにPBJ社より『SmartCaddie』というUMPC製品が予約できます(本体価格99,800円)。関連記事
無線LANが使えるようなので、自分はこれでネット経由でW杯の視聴ができるのはかなり魅かれます、また注目の1品が増えました(そんなに外で見たいのかって話になりますが)。
(参考:日経ビジネス2006年4月3日号)

comments

Windows XP Pro入っているんならそれに越したことないね〜!
しかもSVGAならもう普通にPCだよね。さすがVAIO。
まあ、MSはOSのアップグレードよりも、頻繁なアップデートの必要のないちゃんとしたのを作ればいいのにね。

  • ky@cmd+F
  • 2006/04/27 1:39 AM

ソニーは2004年にこういうPCをリリースしてたんですけど、ちょっと早すぎちゃったのかな?
http://vaio.sony.co.jp/Products/VGN-U50/

最初、MSのUMPCの発表を見たとき、ソニーのパクリだって思っちゃったよ(~_~;)

   

trackback

pagetop