インタラクティブeカード

米国大手ギターメーカー「フェンダー・ミュージック」サンリオがコラボして作った「Hello Kitty Guitar Stratocaster」が来月7月末に日本橋三越本店で催されるハローキティのイベントに上陸するそうです(7月25日〜31日)。それは黒地に象眼細工のモデルが1本だけの限定販売で、お値段252万円!(東京新聞より)そんなストラトギターも気になりますが、この特設サイト「Fender Hello Kitty」もカッコイイ。なんだかやけにロック(パンク?)なキティの一面が垣間見てしまいました。

「グリーティングカード」と呼ばれたりもしますが、海外のキャラクター関連のサイトでは、「eカード」(の場合もあり)というサービスを良く見かけます。日本では、楽天の「楽天(旧:Ynot)グリーティングカード」など、大手プロバイダー以外にあまり流行ってないようで、もっと増えればいいのに、と思ったりしますが、この「Fender Hello Kitty」サイトにもeカードサービス「E-CARDS」があり、FLASHのキャラクター演奏付きの面白いカードを作って送ることが出来ます。
Fender Hello Kitty
まず「send card」ボタンを押すと、5つのテキストフィールドが現れ、それぞれに宛先&送り先の名前とメールアドレスとメッセージ本文(最大半角英数80文字)を入力して、「preview」をクリック。
動くスポットライトに照らされる空のステージが現れます。下に置かれているサンリオおなじみ3匹のキャラクターをそのステージにドラッグしてあげます。そうすると!それぞれのキャラクターがメロディを奏で始めます(ハローキティがギター、バッドばつ丸がベースギター、そしてチョコキャットがパーカッション)。
注目なのは、この3匹、それぞれステージ上でドラッグするとズームイン、ズームアウトで大きさが変化し、さらにそれに合わせてサウンドのボリュームも上下するところ。左の「color」のバーのつまみを左右させると、スポットライトの色が変わります。「UP」「DOWN」のボタンはよくわかりませんが、多分ライトの位置。

サンリオキャラクター、オンステージ!で楽しむサウンドeカード。ふと、何でもないときにこそ、こういうカード貰えたら、ちょっと嬉しくなりますね(日本語は不可)。
(それにしてもサンリオのキャラクターってこんなにいるとは知りませんでした)

関連サイト
★Fender Players Club - Hello Kitty

comments

   

trackback

pagetop