光の魔術師:インゴ・マウラー展@アートギャラリー

ドイツ生まれの照明デザイナー、インゴ・マウラーの作品展です。
「デザインの5パーセントは最初のアイデアから、残りは開発過程から出来上がる」やはりヒラメキが肝心、ってことでしょうか。展示作品は主に60、70年代の初期のハロゲンランプから、インスタレーション、そしてLEDを利用したものまで様々。初期の作品では「パルブ・オパール」(1966年)というウエストがくびれたようなラインの大きめの電球型照明の形に惹かれ、LED作品は、やっぱりテーブルが星屑を散りばめたような輝きでキレイでした。あと、雰囲気は若干変わりますが、テーブルクロスもかわいかったです。
今回一番気に入ったのは、「ヘンリー・ハドソン・ドーム」(2000年)という大きなボウル状の傘をもつライトを一連に使用しているミュンヘンのヴェストフリートホフ駅の映像。駅の照明がこのドームというセンスにかなり衝撃を受けました。すごく今この駅に降立ってみたい、と強く感じました。

「光の魔術師:インゴ・マウラー展」(ギャラリー 1&2)
同時開催:「収蔵品展021 素材と表現」(ギャラリー 3&4)
「project N 26 山川勝彦」(4Fコリドール)
東京オペラシティアートギャラリー 2006.7.8[土]~9.18[月・祝]
One from The Heartインゴ・マウラーの照明は、ギャラリー5で展示、販売されています。
★「ワン・フロム・ザ・ハート(One from The Heart)」店内中央展示スペース:写真上
★「ビビビビ(Bibibibi)」¥93,450
★「バルブ(Bulb)」¥99,750:写真下
★「モツキート(Mozzkito)」¥79,800
★「ドンキホーテ(Don Quixote)」¥93,450

その他、デザイングッズのオンラインショップ 「caina(カイナ)」でも購入できます。

★JDNレポート←だいたいの展示作品の写真が掲載中。
バルブ

comments

>toshie.t
お疲れさんでっす。
オペラシティには、アートギャラリーの他にもNTTインターコミュニケーション・センター[ICC]にカフェやショップが併設されているギャラリーがあって、そこも映像系インスタレーション作品とかおもしろい展示をやっててそこも結構オススメです。
http://www.ntticc.or.jp/index_j.html

>小山さんのとこ出身の作家の展示
私もまさか村上隆があるとは、思いもよらなかったです。

>taterin
そう、結構かわいい系のランプも多数あって、
見てるだけで楽しい展示会でした。でも確かに高い。
やはりデザイナーものは何でもいい値段だよね。

  • ky@cmd+F
  • 2006/08/28 9:14 PM

オモシロそうな作品展だね〜。
ハートのランプかわいいわー。でもやっぱ高いー。
ステキなインテリアに囲まれて生活してみたいわっ。。。

  • taterin
  • 2006/08/27 10:24 PM

このテーブルの上のライトも素敵でしたね!
初台にあんなギャラリーがあるとは思いませんでした。常設展では小山さんのとこ出身の作家の展示の多いことにも驚きでした。恐るべし京王線と思いました。

   

trackback

「インゴ・マウラー展」

光の魔術師 「インゴ・マウラー展」 LIGHT: REACHING FOR THE MOONINGO MAURER(東京オペラシティアートギャラリー)    前から興味のあった東京オペラシティアートギャラリーで開催されている「インゴ・マウラー展」

  • 京の昼寝〜♪
  • 2006/09/01 5:55 PM
8月ラスト〜!

8月も最後の週になりました!  31日までの展示の東京純心女子大学写真部とひの。2-Dと2-Eので繰り広げられている写真とイラストレーションの世界。 東京純心女子大学はFancyな写真が展示されています。不思議な花火の写真など、何かお気に入りの写真が見つかるはず

  • デザイン・フェスタ ブログ
  • 2006/08/30 2:10 PM
インゴ・マウラー 光の魔術師 @装苑

装苑10月号(今日発売)に、インゴ・マウラーのインタビューが・・・! 現在、東京オペラシティーアートギャラリーで9/18まで展覧会が開催されています。 私はつくば美術館で行われたときに行ってきたのですが。 代表的な作品の写真と、インタビューが掲載されて

  • ひかりのしま
  • 2006/08/28 10:37 PM
pagetop