Flashとデータベースと商品管理

「UNIQLO」(米)の「Experience Uniqlo Explorer」というコンテンツがすごい。(トップページ右下あたりのボタンをクリック)
トップページに表示されるモデルの写真に、粗いグリッドによるエフェクトがかかり、そのグリッドをよくよく見ると、ひとつひとつが同社が扱っている商品の小さなサムネイルなのです。そしてサムネイルをクリックすると、その商品のフルサイズ写真が読み込まれ、商品説明が表示されます。さらにクリックすると、またさらにこの商品に同じようなグリッドなエフェクトが繰り返されます(下の写真)。
あまりにサムネイルが大量なので、ところどころ「NO INFORMATION」なのが気になりますが、まあパズル遊び感覚で服を選べたりするのがおもしろいですね。ただ情報出るだけでここからさらに購入できたりすると、すごい売り上げが伸びそう。。って感じます。
こういうサイトって前も似たようなのがあったような気がしますが、とにかくFlashとデータベースもここまでサクサク連携している気持ちが良いですね。
UNIQLO

comments

   

trackback

ユニクロの店舗案内はこちら

ユニクロの店舗のシンボルカラーは赤色と言うかワインレッドののロゴの色を思い出すんですが、なんと黒いユニクロがあるそうです。 ユニクロの店舗で黒をイメージしたのは関西国際空港とJR高槻駅。両方とも関西にあります。 ユニクロのその黒をイメージした店舗は

  • ユニクロの店舗案内はこちら
  • 2007/01/26 11:23 PM
pagetop