新FOMA携帯とコラボした「TOMATO」

FOMA P703μ
TOMATOとは
アート、
あるいは宗教、
未来、
粋狂なイギリス人、
大きい子供、
ビートルズのような愛するべきバンド
....といった類のグループ。
IDEA Liquid Vol.1より)
テクノ・グループ「Underworld」のメンバーも在籍する世界的に活躍する英国のデザイン集団「TOMATO」。先日発表されたドコモ新しい携帯電話「FOMA」シリーズで注目なのが、この「TOMATO」が手がけたデザインのコンテンツをプリインストールしている「P703iμ」。今までになく薄くて軽い本体も特徴です。
いや薄いケータイ好きで、パナソニックユーザーっていう個人的趣向も強くあるのですが、唯一の問題はPシリーズでお馴染みの「ワンプッシュオープンボタン」がないってところでしょうか(物理的にこの薄さでは搭載は無理でしょうが、この便利機能に使い慣れているユーザーは多いはず)。

まあそれはさておき、このケータイの「TOMATO スペシャルサイト」では「TOMATO」デザインによるFlash待受け画像などがチェックできます。「CONTENTS」ページで見られる「underworld」のCDジャケットっぽいタイポグラフィーの「calligraphy」や「encounter」、三角形を手にする写真「triangle」あたりはいいかもしれませんが、他は携帯の液晶で見るより、どちらこというとポストカードなどで持っていたい感じ。そして「DOWNLOAD」ページは工事中なので、これからの展開に期待です。

実際「TOMATO」のグラフィックデザインは、こういったのに留まらず、数々の素晴らしい作品があります。実際、映像、音楽の他にも環境デザイン、グラフィック、立体、絵画、著述、ニューメディア、彫刻とありとあらゆる分野にまたがり表現を続ける彼らの「旅(プロセス)」は、オフィシャルサイトで垣間みることができます。

自分もグラフィックデザイナーを目指して勉強していた頃、「TOMATO」に出会って衝撃を受け、以来そのデザインスタイルに強い影響を受け続けた一人(もちろん「underworld」の大ファン)でもあります。当時の雑誌を見返し「やっぱり流行り廃りがあるようで、実は今見てもカッコいいデザイン」に触れた瞬間、忘れかけた初心を取り戻した気がしました。
これからもいいものにどんどん出会って変わっていきたいですね。頑張ろうっと。

comments

   

trackback

FOMAの電池切れをサポート!リチウムイオン携帯アダプタ SANYO KBC-L1

■ケイタイ充電器 ■KBC-L1に1回の充電でFOMAを約2回充電できる ■リチウムイオン電池だから約500回くり返し充電できる ■充電量がわかるLED付

  • 家電ランキング
  • 2007/01/27 12:46 PM
pagetop