ADOBE CS 3 Web Edition TOUR@THE GRAND HALL

アドビ特製手ぬぐい以前、製品発表会に引き続き、各分野別にテーマを分けたセミナーで、Adobe Creative Suite 3 シリーズのWeb制作に特化したソフトばかり集めたパッケージ「Adobe Creative Suite 3 Web Premium」の製品紹介+今後のDWの行方、Flashから作る広告のあり方、そしてAction Script 3の可能にも触れた内容でした。

アドビスタッフによる新製品の新機能のデモ内容は、だいたい前回のと進め方が同じでしたが、その後ゲストのクリエイターによる講演が良かったです。

ADOBE CREATIVE SUITE? 3 Web Edition TOUR
-Deep Dive キモチヨクハタラク!??

2007年 7月4日(水)〜2007年 8月3日(金)
東京会場 THE GRAND HALL(品川)
電通 IC局の中村洋基 氏による「Flash から考える、広告のつくりかた」のセッションは大変面白かったです。特に実際本人が制作されて受賞した広告バナーの紹介で、会場がどよめきと笑いの渦が生まれました。

ドライバーズ・アイ
画面上部のバナーは走行中の自動車のからの風景で、マウスでステアリングホイールをいじると、今度は右下の縦長バナーの携帯電話の呼び出し音が鳴り、そちらを触ろうとすると・・。結構ドキッとして、これこそ人に強く認識させる効果がある広告本来の目的と、バナーによる操作性が見事融合した作品だと思いました。

過去
マウスをハートに近づけると「彼女」と恋人になれますが、マウスを一旦大きくバナーの外にドラックしてみると、数珠繋ぎに出てくる出てくる「元カレ」そこからまた「元カノ」が連鎖していきます。今付き合っている人は大丈夫だと思っていても、その人の過去に関係あった人々がどんな人が分からない限り、誰でもHIVの可能性はあるんだよ、という戒めの作品。

以前、製品発表会に引き続き、各分野に分かれたセミナーにまた参加したのは、正直参加者全員にプレゼントの 「Deep Dive」 特別小冊子が目当てでした。実際もらったのは、Dreamweaver CS3 と Flash CS3の簡単チュートリアル(フルカラー図解付きの新機能の使い方)冊子、2冊。さらに帰りに特性手ぬぐい(写真)とソフトの体験版(通常は約1000円相当)までもらったのに、無料だったのは大変お得で良かったです。

comments

   

trackback

pagetop