フェルメール展@国立新美術館

フェルメール今年1月に堂々オープンしてから、ようやく訪れることになりました、国立新美術館。ようするに初めてあの「ガラスのカーテン」を生で見た訳です。外観も本当に壁が波打っている感じで、すごかったですね。
今回の展覧会はタイトル通り、フェルメールの代表作品「牛乳を注ぐ女」(写真のポスター絵)のためだけのように感じられました。それだけ、大広間にそんな大きくない絵がポツリ。3メートル?少々離れた絵の最短場所は予想以上に黒集りでした。

国立新美術館開館記念
アムステルダム国立美術館所蔵
フェルメール「牛乳を注ぐ女」とオランダ風俗画展

2007年9月26日(水)-12月17日(月)
国立新美術館 企画展示室1E (東京・六本木)


会場モニターでは、この「牛乳を注ぐ女」の解説上映がループで流れていましたが、遠近法による消失点の作者による筆跡、それによる現実は異なる絵の構図など、赤外線で判明した描き途中で消された下絵の存在など、科学的に分析された説明がかなり興味深かったです。特に絵の中の女性のスカート部分を描くのに使われている、ブルーの画材、実は当時高価で非常に貴重だったといわれる「ラピスラズリ」という鉱石を原材料にした天然「ウルトラマリンブルー」という絵の具で、「フェルメール・ブルー」とも呼ばれるエピソードが一番印象的でした。

これぐらいのしっかりとした「見どころ」解説はあまりフェルメールに詳しくない自分に有り難く、他でもこれぐらいやってくれればいいのに、と思わずにはいられませんでしたが、それぐらい門外不出の名画の初公開は相当気合いが入ってたように思います。
pagetop