AOBA SHOW@ギンザ・グラフィック・ギャラリー

銀座に来たとき、時間があれば必ずと言っていいほど立ち寄るほどのお気に入りのギャラリーで、朝日広告賞、ワルシャワ国際ポスター・ビエンナーレ金賞など数々の受賞経歴を持ち、長野冬季オリンピック第一回公式ポスターも手がけた、日本有数のグラフィックデザイナーの青葉益輝氏の「環境と平和」をテーマに催されているグラフィックメッセージ展が催されていました。

第258回企画展 AOBA SHOW AOBA MASUTERU ONE-MAN-SHOW
2007年12月3日(月)〜12月22日(土)
ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)
地球温暖化をはじめ、エネルギーや食糧問題など、今日の環境問題に問いかける全新ポスター展で、メインのポスターの他に、1階(PART-1)では木の葉を擬人化したアートや、地下一階(PART 2)
では数多くのドローイングも目にすることができます。ここではビジュアル系学生の為のデザイン教材として、タイポグラフィーを中心にした作品が多かったので、個人的にはこちらの作品郡が、おもしろかったです。シュールでメッセージ性の強いグラフィックデザインのポスター、ポストカード。いや一番気に入ったのは外観の旗にもなっていた展覧会ロゴでしょうか。「AOBA SHOW」のAOBAの「O」には使ったピースマーク(ハトの足をデザイン化した世界的に有名なあのマーク)があしらわれ、SHOWの「O」には、木の枝をデザイン化して、ピースマークに似せてデザインしたエコマーク。なかなか色合いもあっていて素敵でした。
pagetop