Shift to 2008@アップルストア銀座

昨日のgggギャラリーの後、アップルストアのイベントに顔出してみました。
WEB制作者のための(自分はまだ2回目の参加)「CSS NITE」とXHTML+CSS (r)evolutionとの合同企画で、2007年のWebにまつわるさまざまな出来事を振り返り、2008年を展望を中心テーマの「CSS Nite × (r)evolution "Shift to 2008"」、今回も立見も出るほどの盛況振りでした。(公式ブログによるイベントの様子
第1部 「2007年、XHTML+CSSのトレンド+αを振り返る」
益子貴寛さん(サイバーガーデン)

第2部 「2008年に向けた2007年の海外Webデザイントレンドのおさらい」
原 一浩さん(fxb)

第3部 「Accessibility Shift to "Next"」
植木 真さん(インフォアクシア)

第4部 「ツールから振り返る2007年のWeb制作」
鷹野雅弘さん(スイッチ)

どの話ももちろん、ためになる話ばかりでしたが、特に興味深い公演はやはり、CSS Nite初登場の原さんのプレゼンでしょうか。内容もさることながら、Flashの3Dフレームワーク「Papervision3D」を利用したリアルな立体的な動きのある手法で、一ヶ月に平均1000近くのサイトのペースでチェックされた選りすぐりの中から、最近のレイアウトデザイン傾向についての解説されてました。全体もそうですが、さらにボタンやロゴの細かい部分の近年の変化についてはこちらも大いに共感する部分が多かったです。

comments

   

trackback

pagetop