「Netscape」ブラウザ終焉へ


「R25」にも最近紹介されていた「Netscape Navigator」、巷の制作者なんか特に「ネスケ」なんて通称で通っているこの歴史あるウェブブラウザが、いよいよ昨日最終バージョン「Netscape 9.0.0.6」(Mac版も同様)をリリースしました(詳細)。開発は既に終了し、3月1日でサポートも停止とのこと。
現在は同ブラウザとの親和性が高い Mozilla Firefox および Mozilla Thunderbird への移行をサポートする「Netscape ユーザーのための Firefox/Thunderbird 移行ガイド」が公開されています。

個人的にインターネットを使い始めた当初使ってたブラウザだっただけに、終了を余儀なくされた時代の流れに感無量なわけですが、そこでこんな気になる記事を発見↓
「Web サイト制作者・管理者の方へ」
ようするに、
Internet Explorer ユーザに対して Firefox の方が断然そのブラウザよりもセキュリティ問題に対応しているので、この際クライアントの為にもNetscape への対応を打ち切り、代わりに最新の Firefox を強く推奨しましょう、っていう話ですが、Netscape への対応を打ち切りってところが特に強調されているのが、あまりにもはっきり状況を見切っている気がします。
CSSやバグの問題だけでも、チェックするブラウザの数は多少減らしたいのが本音の制作者の大部分は、ホッとしたかもしれませんが、未だに「Netscape Navigator 3.0」のCD-ROM(←約10年前の代物)を持っている(Windows 95/98/NT対応)思い入れのある自分にとって、もうちょっと頑張って欲しかったかな、という気もしないわけではありません。
Netscape Navigator 3.0
あの頃、IEに負けるなんて思いもよらなかった。そんな時代の「Netscape Navigator 3.0」の懐かしの画面(一部はめ込み合成です)↑。10年前初めてWEBサイト作ったときは、ホントにしょぼいものしかできなかったのです。。。

余談ですが、それから数年後、自分はWinからMacに以降してからNNはめっきり使わなくなってしまいました。思えばやっぱり全体を通して長く愛用したわけではないのに関わらず、なぜか愛着があるのは、それが一時代のネットを支配してたからでしょうか。早いな〜

[追記]
ところで自分は英語の勉強用(?)NNは英語版ばっかり入れてて特に気にしてなかったのですが、「Netscape Japan」はバージョン7.1で止まったままです。つまりバージョン8以降の日本語版はない、つまり日本で使っている人の多くは7までだろうという考えの元、推奨ブラウザは7.1という場合が多いです。

comments

   

trackback

pagetop