渋谷の街についに来る!岡本太郎

ちょうど昨年、故岡本太郎氏の壁画「明日の神話」展示場所をめぐって、渋谷区が頑張っていましたが、壁画のテーマである原爆の地で有名な広島や、昔万博でのオブジェがあまりに有名な大阪を退けて、堂々設置権を獲得。なぜ渋谷区が誘致合戦に加わっていたかと言うと、岡本氏のアトリエが渋谷にあったということなど、一応岡本氏の馴染みの街としてアピールが目的だったわけですが、やはり渋谷の通行量の多さ(設置場所となるJR渋谷駅と京王井の頭線渋谷駅を結ぶ複合ビル「渋谷マークシティ」内では1日に約30万人!)が、「より多くの人の目に触れる」って点で有利だったようです。

★岡本太郎 「明日の神話」東京・渋谷に設置決定(毎日新聞)
★明日の神話 再生プロジェクト オフィシャルページ

早ければ今年秋ごろ設置予定。近いのでもちろん見に行きます。ただし気がかりなのが壁画の設置方法。作品が巨大な上に、様々な人が行きかう渋谷なだけに、頑丈にガードして置いてもらいたいものですが、とにかく楽しみなのは変わりありません。

早く作品を目にしたい人は、東京都現代美術館『明日の神話 特別公開』(〜2008年6月29日(日))へどうぞ。

comments

   

trackback

pagetop