デザイン壁紙を楽しむ「Desktoptopia」

普段使っているコンピューターのデスクトップを飾る壁紙も、今は標準のシステムで、自分のお気に入りの画像や写真にすることができ、ローテーションで、ある一定の時間で複数の壁紙を交互に表示することも可能です。

といっても、普段から壁紙集めに飽きてしまった人におススメなソフトを発見↓
★素敵なデザインの壁紙が満載のデスクトップマネージャ『Desktoptopia』(百式より)

この「Desktoptopia」Mac版とWindows(ベータ)版あり。デザイン豊富でとにかく数が多くて(約300!)、なかなかのハイクオリティーです。それでも気になる人はサイトの「Browse Desktops」でチェックできます。(実際サムネイルで小さいですが、壁紙に設定すると想像以上に迫力があります。
でもなんと言っても便利なところは、各モニターに合わせて画像解像度を自動調整してくれるところですね。壁紙ダウンロード時に自分のディスプレイの解像度チェックしてから、同じサイズのを・・・ないじゃん!なんて手間が要りません。

Mac OS Xでの設定↓

普通のアプリケーションとは違い(Mac OS X 環境設定パネル)、インストールすると「システム環境設定」より起動が可能になります。「その他」項目に入った「Desktoptopia」をクリック。


「Start Desktoptopia」ボタンをクリックで、開始されます。
「Rotation options」で壁紙をチェンジする時間の設定が可能です。


「Show Desktoptopia in menu bar」にチェックを入れておくと、メニューバーより操作できるようになります。気に入った壁紙が見つかるまで「Next Background」を押し続けるのも良し、気に入ったのが見つかれば「Pause」で止めて楽しむのも良し。

仕事合間のちょっとした気分転換になりそうです。
とりあえず自分は「Exposé」機能(F11)でデスクトップを表示させて使用中。



あ、ベッカム発見。

comments

   

trackback

pagetop