Mac OS 9で使えるブラウザ

Mozillaいい加減古いiMacに、標準でインストールされている「Internet Explore 5」で利用できるサイトが減ってきたので、それとは別に、「WaMCom」っていうブラウザをインストールしてみました。と言っても中身は「Mozilla(1.3.1)」。しかもインターフェースは超ネスケ。
しかし動作はMac IE よりは全然マシです(いやむしろタブとかあって便利だし)。
見た目ネスケの通り(モジラだし)、多分「Netscape 7」あたりと同等だと思われます(つまり大雑把に言うとネスケで使えれば、このブラウザでも正常かと)。
それにしても本当に世に、OS 9で使えるブラウザ(残って)ないのを痛感。なのでMac IE5のために、色んなサイトの使用に制限されて困っていた方は朗報です。動作確認例としては、Google Mapが問題なく使えました(Mac IE→X)。(ダウンロードページ
★注意:インストール後起動した時に英語で「ネスケと共有しますか?」みたいなアラートが出てきたら要注意。「YES」にすると先にもし同じマシンに「Netscape」がインストールされていたら、その情報が上書きされていまいます。

★日本語化
英語でも使えるには使えますが、やはりできるなら日本語(特にメッセージウィンドウとか)で、ってことでローカライズします。「WaMCom 1.3.1 2003-07-21 language packs」ページより、「Japanese」のリンクをクリックして言語パックをダウンロードします。後は自動でインストールしてくれますので、ブラウザを再起動(一部だけ変わっている場合は何回かします)したら完了です。

★Flash
アクティブメディア系、他プラグインはあきらめた方が無難。
新しいプレーヤーには非対応。最新版で制作されたFlashコンテンツはやっぱり見れません。

comments

   

trackback

pagetop