Windows XP DSP版

Microsoft Windows XP Home Edition Service Pack 2 通常版話は前後しますが、Intel MacにBoot CampでWindowsを入れる為に、Windows OSを購入。
Windows Vistaは動作に必要となるHDDの容量とメモリがやたら多いので、(今月30日で終了予定なので少々駆け込みですが)Windows XPに。販売店では、通常版パッケージ「マイクロソフト Windows XP Home Edition SP2 通常版」は25,000円、Windows XP Professional では35,500円もし、Mac OSの「Mac OS X Leopard」(14,800円)に比べて断然割高感がします。
なので今更ながら、Windows OSの販売形態を確認。
  • 通常版:OSが搭載されていないパソコンにもインストール可能。
  • アップグレード版:以前のWindowsのCD-ROMが必要。機能は通常版と変わらず。
  • OEM版(パソコン搭載版):パソコンにプリインストールされて販売。リカバリCD-ROMとして付属。
  • OEM版(DSP版):内蔵パーツ(マザーボード、CPU、メモリモジュール、HDD、FDD、光ドライブなど)とバンドルして販売される形態。

プロダクト・アクティベーション(ライセンス認証)が必要な製品:通常版、アップグレード版、OEM版(DSP版)
マイクロソフト社によるテクニカルサポート対象製品:通常版、アップグレード版
インストールできる回数に制限がない、Windows Updateを行える製品:全商品
参考:★WindowsXPの提供形態
★Windows XP ラインアップ紹介

とりあえず、候補としては、通常版とOEM版(DSP版)なわけですが、DSP版の場合は、セットで何か内臓パーツを購入しないといけないのでチェック。ところが、ここで問題発生。

WindowsならFDD(フロッピーディスクドライブ)が1,000円ぐらいからあるので、通常版の約半値のOSの値段をプラスしても相当安く上がりますが、Macで使うの場合
メモリぐらいしか対応してないという選択肢のない事実が判明。

MacBook Pro搭載のメモリ:計2GB(1GB x 2、計2ポート空きなし)、4GBまでサポート。

どう計算しても、メモリを付け替えたら最低一枚(1GB)が無駄になる(1GB + 2GB、2GB+2GBの2パターン)。

背に腹は代えられません。映像もやるしメモリ増えるのは好都合(でも余分のメモリを他で代用できる範囲はかなり制限されますが)。結局

BUFFALO DDR2PC2-5300SO-DIMM2GB A2/N667-2G2GBメモリ(PC2-5300 DDR2 SDRAM)1枚:12,800円
+
Windows XP DSP版:12,800円
=25,600円なり。

通常版OSに、おまけでメモリが付いてきたような値段で集結しました。

★Windows デスクトップ製品のライフサイクル

comments

   

trackback

Adv

pagetop