iPodの中にiTunesライブラリ

思いつき動作実験。以下のことは可能かどうか。

1.iPodをMacintosh&Windows両対応のハードディスクにして、さらに曲管理はMac側のiTunesで行う
2.iPodに転送(同期)する曲まるごと(iTunesライブラリ)をそのiPod(ハードディスク)の中に入れて使用する

【補足】
1.iPodのフォーマットを「FAT32」すればMac&Winでファイルの読み書きが可能。問題はそのままWindowsじゃなくてMacのiTunesで曲を転送できるかどうか。
2.大容量タイプのiPodじゃないと厳しいですが、基本外付けハードディスクに設定する事が可能な「iTunesライブラリ」。では、パソコンに繋いだiPodをハードディスクとして使用できるから、その中にもライブラリ置いて利用できるのでは?
つまり曲の転送の流れが
「CD」→「パソコン(の中のiTunesライブラリ)」→「iPod(同期)」

             が

「CD」→「パソコン(iTunesライブラリの選択)」→「iPod(iTunesライブラリ)」→「iPod(同期)」

というiPodに全データを置きながら、それをさらにパソコンを通りしてオーディオ用としてiPodへ出力するという、なんとも面倒な手法です。
思いついた理由は、自分のMacのHDDの容量が少ないので、どこの外部メディアに「iTunesライブラリ」を設置するかを考えていたときに思いついた案(さらに手近に空いたちょうどいいハードディスクが見当たらなかったので)。

【結果】
1、2とも製品保証外ですが、動作可能でした。

1.まず、MacでiPod使用している人は、「Windows(FAT32)」フォーマットにする必要があります。MacにiPod接続の状態で「iTunes」起動し、自分のiPodを選択し情報を見るか、iPodを外付けHDDにしている場合は、Finderで自分のiPodアイコンを選択し「情報を見る(ショートカットはコマンド+I)」にします。

フォーマットは「Mac OS 拡張(ジャーナリング)」になっています。これを初期化するので全データをバックアップします。
で、Windowsフォーマットするには二通りのやり方があります。
★WindowsでiPodが認識されないのでフォーマット
★MacのiTunesで「復元」(フォーマット)↓参照
(「フォーマット」が「Windows」になったらOK)


2.マシンのiTunesライブラリをiPodにコピーする
ユーザー(ホーム)>ミュージック>「iTunes」フォルダ
をiPodへコピー

「option」ボタンを押しながら「iTunes」を起動。ライブラリを選択します。選択するのは、iPodの中にあるコピーした「iTunes」フォルダ。
時々ライブラリを認識しない場合、下のようなアラートが出ますが、必ず「キャンセル」を押します

iTunesの「iPod」情報画面。

オレンジの「その他」の部分が、コピーした「iTunes」フォルダ(楽曲&ビデオなど全データ)。青と紫の部分がiPodで再生できる楽曲&ビデオ(iTunesで転送する曲を制限しているので、若干少ない)。既に容量に限界が見えてますが、なんとか使えます。
・・・やっぱり別のメディアにするかな、ライブラリは。

追記:iPodをフォーマットしてもライブラリと同期さえすれば、曲はまた入れる事ができますが、意外な盲点はiTunes Storeで買った「ゲーム」のユーザースコア情報のリセット・・・。折角の高得点記録もパー、なのは消えた後に気付いたので注意。

comments

   

trackback

Adv

pagetop