MVトライアウト応募

出来映えは置いといて、とりあえず記念アップ。(してましたが、eyeVioの運営会社も変わったようなので、気付いたらコンテスト応募作品用チャンネルごと削除されていました・・・どうやらJASRACとの契約が解約されるから、新“eyeVio”サービスには移行されないみたい。←2009年7月追記)

今回木村カエラの楽曲を使ってミュージッククリップを制作するというお題で「eyeVio ミュージックビデオ トライアウト Vol.1」に映像を勉強した自分への課題として応募してみました。
「Premiere」でキャプチャ以外の操作したことがないのに、こちらの締め切り数日前にやっと手探りで編集始めたのは、無謀以外の何ものでもなかったのですが、とりあえず(無理矢理)間に合わせました。

多分またカットが長過ぎる上に、かなり中途半端な要素(ホームビデオにしたくなかったのに、実際は相当アマチュアホームビデオっぽくなってしまったりとか)だらけですが、今まで公私で作ってきたFlashムービーがいかに短かったのかが実感するほど、3分強の曲のPVって長い、長過ぎる!と痛感。

しかし今はコンテストの動画すら共有できる便利な時代、応募前に参加状況や、他の作品レベルをチェックできるのは本当にすごいですね。しかもこうやってブログに簡単に貼れるし。

それにしても動画ってFlashと勝手が違いすぎる・・・。何回「これってFlash で作った方が早いんじゃ?」と思ったことか。ただ映像そのものの加工はやはり Flash ではできないので、ある程度できたのに越した事はないと思われます。

comments

   

trackback

pagetop