無線LAN環境再構築1

先週モデムを交換したついでにオプションの無線LANパックを解約。今度は自分でセットアップを試みてみました。
まず、色んな無線ルーター(親機)がある中、出た結論は「AirMac(Appleの無線LANシステム) 使ってみたい」でした(そういえばまだ使ったことないし)。

AirMac(という名前は日本のみ。海外ではAirPortという名称)の歴史は古く、初代ベースステーション(アクセスポイント)は約10年前の1999年に登場(AirMac Base Station)。あの今は無き白い円盤(Apple AirMac Extreme ベースステーション:2003年)のインパクトは当時相当なものでしたが、さらにその前のモデルはグラファイトだったのは、調べて初めて知りました。
★AirMac Extremeカード/ベースステーション(PDF)@アップル
とりあえず現行モデルは下の3つ。

Wi-Fi Base Station
★AirMac Express ベースステーション with AirTunes [MB321J/A]
★AirMac Extremeベースステーション [MB053J/A]
★Time Capsule - 1TB /500GB[MB276J/A]

「AirMac Express」が手頃ですが、もっと強力なのがいいな、となると「AirMac Extreme」かそれに、HDDを付けたバージョンが「Time Capsule」のどちらか。いや、さすがにHDDまでは思いつつ、よくみると両者の値段にそこまでの差が無い気もする(¥21,800と¥35,800、差額14,000円)し。機能に違いがなくてそれにオプションに、ハードディスク(500GB)が14,000円はむしろ安い。だったらこの際「Time Capsule」?さーてどうしよう。

続きはこちら

comments

   

trackback

pagetop