XAMPP と MAMPP

そういえば、自分の使っている今のMacにMySQLが入ってなかったことを思い出し(それまで使ってなかったことがバレバレですが)、今更ながら「XAMPP for Mac OS X」をインストール(Mac OS X v.10.4, PowerPC)しました。
XAMPPとはWindowsやMac、LinuxでPHPやMySQLなどの動作確認が行えるサーバ環境を構築するためのソフトウェアパッケージなのですが、もうひとつXAPMMのMac版(はあるけど、似たようなソフト)とも言えそうなMAMPP(Mac版のみ)というソフトも今回使って比べてみました。

双方にPHP4とPHP5が切り替えられる様になっており、MySQLはphpMyAdminでデータベース管理・操作、ってところは同じです。SQLiteに関しては、XAMPPが「phpSQLiteAdmin」に対して、MAMPPが「SQLiteManager」が入っています。便利だと思ったのは、MAMPPは環境設定で、ApacheとMySQLのポート番号を簡単に変更できる点。初期設定は標準ポートではないので、放っておいてもXAMPPとバッティングせず使用が可能。印象としては、XAMPPよりもシンプルで使いやすい気がします。Mac ユーザーで、PHPとMySQL、そしてSQLiteを軽く使ってみたい人にはMAMPPもいいかもしれません。
ちなみにソフトウェアの多さ、高機能といった面ではやはりXAMPP使った方が無難です。
注意が必要なのは、MAMPPについてくるDashboad用のウィジェット「Mamp Control.wdgt」。DashboardからApacheとMySQLを起動すると、どちらかが起動しない現象あり。さらにアプリケーションでも再起動がかからなかったので、すぐアンインストールののち、再起動したら直りました。
XAMPP for Mac OS X 0.7.4
Apache 2.2.9, MySQL 5.1.30, PHP 4.4.9, PHP 5.2.6, Perl 5.10.0, ProFTPD 1.3.1, phpMyAdmin 2.11.9, OpenSSL 0.9.8h, GD 2.0.35, Freetype 2.3.5, SQLite 3.6.3, phpSQLiteAdmin 0.2 などなど
MAMPP 1.7.2
Apache 2.0, MySQL 5.0.41,PHP 4.4.8 PHP 5.2.6, phpMyAdmin 2.11.7, SQLite 2.8.17, SQLiteManager 1.2.0などなど


参考:Mac OS XでAMP構築@IT

comments

   

trackback

pagetop