Google Chrome

去年9月にベータ版が登場し、一時話題を集めたGoogle製WEBブラウザ「Google Chrome(グーグル・クローム)」が先月いつのまにか正式バーションになっていたので、ようやく使ってみることにしました。

シンプルなデザインのタブブラウザ。OperaとSafariを足して2で割ったようなインターフェースの感じもしないわけではありませんが、早くて軽い動作は使いやすさを感じます。
多分使用回数が増えるほど便利そうなのは、表示されるよく使うサイトや、最近ブックマークしたページ、閉じたタブを一覧表示してくれる「新しいタブ」機能。
それ以外で注目の独自機能は、タブは 1 つ 1 つ独立して稼動していることによって、1 つのアプリケーションで障害が発生しても他のタブに影響しない「クラッシュコントロール」。仕事柄、たくさんのWEBページを見ていると、たまにプログラムのエラーや激重なページにブラウザが耐えきれず「応答していません」→「強制修了」な流れを食い止めるのに重宝しそうです。Firefoxにも再起動する前に、前開いていたページを復元・動作再開してくれる機能(セッション復元)はありますが、それよりもタブ(ページ)ごとに管理できるGoogle Chromeのタスクマネージャーって結構すごい。エラー起きても強制終了しなくていいってのは、大量にページ開いているときに大助かりな感じです。
現在はWindows Vista/XP SP2 対応のみですが、一応Mac版も今後リリースの可能性はあるようです。

Windowsではそんなわけで、Google Chromeをメインのブラウザとして乗り換えてもいいかなとちょっと思ってますが、Macではやはりなんだかんだ言ってSafariなんですよね。理由は立ち上がりが早いから。もちろんレンダリングも早いですが、それだったらFireFoxの方が機能拡張として使える道具は色々あるんだけど、それが逆に裏目に出てその機能拡張のアップデートに起動直後付き合わされるのがどうも苦手だったりします。なんだかんだ言って、動作早くてツールバーにGoogleの検索窓さえあれば、ブラウザとして充分な気もするこの頃です。

comments

   

trackback

pagetop