完全自動生成の大都会夜景CG「Pixel City」


・約1,700棟のビルのランダム生成
・43,000ポリゴン
・メイキング50時間
これが全部プログラムで自動生成されたものだからすごいです。ビルを何パターンか作って敷き詰めて、最後に車の走行を加えて出来上がり〜って感じみたいです。作者であるShamus Young氏によってプログラムのソースコードや、スクリーンセーバーも公開中。
詳細:GIGAZINE

グラフィックデザインなどの世界では、「なんとなくそれっぽく見える(見せる)手法」というテクニックが昔から多数存在しますが、ここまで内部プログラムによってアルゴリズムを操作できれば「どっかの都市の夜景っぽい」ことがリアルに自動でできるんだな、っていう証明された感があります。もちろんディティールを突き詰めれば、少々アニメに登場する背景みたいとも思いますが、いわゆる都市で生まれ、こういった夜景が身近にある生活をしている自分が見ても、キレイな夜景だと感じるから相当すごいと思います(プログラムが)。

comments

   

trackback

pagetop