Android ケータイ(ドコモ)

未だにスマートフォンに乗り換えるかどうかで迷い中ですが、そんな中10日に、ドコモから待望のGoogle OS(Android)搭載のケータイ電話(docomo PRO series HT-03A)の販売開始されました。
専用に開発された多種多様なアプリケーションがダウンロード出来る点など「iPhone」っぽい仕様が興味深く、技術者向け開発書も少し前から出版されていることから、世界の注目度が高いのが感じられます。

価格はヨドバシなどで約3万円弱。まあまあかな、と思いつつスペック、機能をチェックしてみるとだいぶ今までのFOMAにあった主要な機能が使えないのが少々気になります。
1.ワンセグ
2.おさいふケータイ
3.2in1
4.iモード
5.iアプリ
6.デコメ
7.バーコードリーダー※追記1
8.赤外線通信 などなど。

主要と言っても、これらは毎日使うものではなく、そもそもスマートフォンはネットブックよりさらにコンパクトなPCに、電話機能を付けたようなものなので、よく考えると携帯独自の機能との併用は必要ないかもしれません。ただ開発者としては4、5、7あたりがないと今までのケータイサイト、またはコンテンツの作成&確認が厳しい予感がします。

では100歩譲ってケータイサイトの開発をあきらめて、普段使うのにないと困る、いやなくなると困るのはやっぱり
※追記2「iモード」でしょうか。
特にiモードメール(ドコモドメインのアドレス)は使用不可になるので、アドレス変更通知は必須。つまり「Gmail」に一元化して、ケータイに来たメールをPCでも送受信すれば便利、という意図はわかりますが、問題はそこまでのセッティングする過程を考えると気が引けてしょうがないのです(と言っても一括で「アドレス変更お願い」メール出せば済む話ですが)。

アドレス変わるのならいっそドコモやめてiPhoneに乗り換えてもいいんじゃ?という考えに行き着きますが、ここで捨てられないのが、長期使用していた分メリットがあるドコモの利用料の割り引き率。やはりある程度の思い切りがないと、スマートフォンに乗り換えるテンションが持ちません。じゃあ2台目電話機としてiPhone?それだとランニングコストが・・・みたいな感じで、結局Android が出ても考えは堂々巡りしている気がしてなりません。


どうでも良い話。アンドロイドのロゴキャラクター(?)が見方(斜めとか上のアイコンみたいに上半身一部のみの場合)によっては、ロボットじゃなくて虫に見えるのは自分だけ・・(緑だし触角あるし)?

※追記1
Androidマーケットから「QRコードスキャナー」というアプリをダウンロードしてインストールすると、QRコード(バーコード)が読み取りできるらしいです。なんとその手があったとは・・・。

※追記2
iモードが利用できないのは事実ですが、今までのiモードメールに関しては、「iモード.net」サービスを利用して(GmailやHotmailのような)Webメール扱いでスマートフォンでも送受信が可能とのこと。
ただし、デコメ、添付ファイルの送受信、絵文字、アドレス帳の利用など、かなーり制限される機能はありますが、テキストメッセージのやり取り程度で充分で、メールアドレスをそのまま残して利用したい人には朗報です。あとはそのために追加で月額515円(税込)を払うのに抵抗がなければOK(しかもこの中に実質スマートフォンで使えないiモード契約料が含まれるので、結構割高感はあるような気もします)。
それにしてもiモード.net、もともとはパソコンでiモードメールを送受信するサービスですが、スマートフォンに対応していたとは知らなかったです。

★利用料金:iモード契約(315円)+iモード.net(210円)515円
★モバイルモード
★参考:「ケータイするGoogle」 docomo PROseries HT-03A

comments

   

trackback

pagetop