iTunesライブラリのロック

週末に、久々にiTunesをMacから起動しようとしたら思いもかけないエラーが。
「iTunes」フォルダが、ロックされたディスク内にあるか、このフォルダへの書き込み権がありません。

iTunes自体はアップデートを繰り返しながらも何年も使用していますが、そのものが起動できないのは初めてで相当焦りました。
調べてみるとWindows XP版iTunesではこのエラーが出るときがあるというのは判明しましたが、当方はずっとMac。楽曲ファイルがiTunesフォルダの中にあって、それをリストアップしているライブラリファイルに問題が起きていることぐらいは察しがつくのですが、それをどう復元すればいいのかまではわかりませんでした。エラーメッセージにもあるiTunesフォルダやその中の主要ファイルの書き込み権限もチェックしても異常なし。本当に途方に暮れました。

とりあえず新しい別のiTunes ライブラリを作って楽曲を前のライブラリから読み込ませて・・そうすることでちゃんとしたiTunesライブラリファイルが書き込まれ、正常な状態に戻すことができますが、その手間を考えると結構憂鬱になります。

そこでももう一度エラーが起こる前の状況を思い出してみたところ、iTunes のアップデート(9.0.1)とiPodとの同期を途中で中止したことに気付き、もう一度そのiPodを接続したらiTunesが起動しライブラリも開いたので、そこで同期をちゃんと完了してから接続を解除してから一旦終了したら、無事正常起動に成功!

同期には時間に余裕を持って最後まで行うのが肝心だと痛感。今回のiTunesライブラリはパソコン内ではなく、無線LAN上の複数のパソコンで共有しているネットワークディスクの中にあり、電波が不安定な状態になっていた無線LANでネットワーク接続していたMacに、iPodを繋いで自動的に同期を行っていたのをさらに強制終了したのが原因だったようです(多分ここでファイルが破損した模様)。

でもこれを機に楽曲の他にアプリ、Podcastで肥大化したiTunesフォルダ(ライブラリ)を、iPod用とiPhone用にライブラリを整理して分離していこうと思います。

comments

   

trackback

pagetop