iPhone無料アプリレビュー(写真効果編2)

iPhoneアプリによる画像フィルタの第二弾です。今回は一部のデジタルカメラにもありそうな「撮影モード」系のフィルタを中心に紹介していきます(そしてまた後で追加予定)が、また同じサンプル画像使用します。

※前の「写真効果編」記事より版画、文字、ネガポジの部分をこちらに移植しました。
★逆光補正
☆逆光補正カメラ(バージョン1.3)BrightCamera

写真の明るさのバランスを補正ができるアプリ。画面左右に配置されている電球のアイコンをタップして明るさを調整します。iPhoneのカメラはどうしても室内で撮影すると暗くなってしまうので、このアプリを使うと簡単に暗い部分を明るくでき、レベル補正してもどうもうまくいかない、といった時に大変役に立ちます(上のサンプルではわかりずらいですが、もっと影が落濃い画像ほどキレイに補正されます)。保存サイズは最大900*1200px。

☆PhotoCurves Free(バージョン1.0)PhotoCurvesFree

Photoshopのトーンカーブ機能と似たような動作が行え、明度・コントラストも調整可能なアプリ。
アプリを起動したらメニュー一番左のアイコンをタップして写真を「OPEN」して、左から3番目のアイコンをタップ。「Brightness」「Contrast」それぞれのスライダーで調整します。明度の最大値はほとんど真っ白になります。つまり他に比べてかなり明暗の調節幅が広いです。編集・保存サイズは設定から1600 (x 1200) / 1024 ( x768) / 800 (x 600) / 640 (x480)から4段階選択可能(ただし小さいサイズの画像には適応されません)。

★ホワイトバランス
☆SPPhotoFixL(バージョン2.5)SPPhotoFixL

メニューの「White B」より、画面の左下の緑色のドーナツアイコンを写真上にドラッグして使用します。

★トワイライト
☆MovieFX for Free(バージョン1.0)MovieFX for Free

無料のカメラアプリ開発「FreeTheApps」の提供アプリのひとつで、画像を映画のフィルム風フィルタで加工できます。「Choose picture」(または「Images」)から写真を選び、「Filter」で9つのフィルタープレビューの中から「Twilight」サムネイルを選択。フルサイズで保存可能。ちょっとカメラの撮影モードの「トワイライト」とは意味が違うかもですが、とりあえず映画「トワイライト」風なります。

★シャープ
☆PhotoSharpFree(バージョン1.1)PhotoSharpFree

画像をはっきりくっきりシャープにし、さらに色相・彩度・明るさも調整可能なアプリ。姉妹品「PhotoCurves Free」とセットで使用すれば、だいたいの色調補正が間に合うような感じになっています。アプリを起動したらメニュー一番左のアイコンをタップして写真を「OPEN」して、左から2番目のアイコンをタップ。「Sharpen」スライダーで調整します。3番目のアイコンが色調です。編集・保存サイズは設定から1600 (x 1200) / 1024 ( x768) / 800 (x 600) / 640 (x480)から4段階選択可能(ただし小さいサイズの画像には適応されません)。

☆SPPhotoFixL(バージョン2.5)SPPhotoFixL

メニューの「Filter」より、「Sharp」をタップ。2回以上タップすると画像が粗くなるようです。

★ソフトタッチ
☆Photoshop.com Mobile(バージョン1.0.1.3)Photoshop.com Mobile※12/1追記

世界で最も利用されている画像レタッチソフト「Photoshop」のiPhone版。と言っても無料の他のアプリ以上有料Photogene未満、という気もするぐらいのあっさりとした機能ですが、やはり広告が付かず無料でこれだけの機能はすばらしいと思います。専用サイトに登録すれば編集した写真をアップロードが可能。メニューより「Edit」を選び、画像を取り込んだら上部右から2番目のアイコンより「Soft Focus」をタップ。ゆっくり画面を指で左右にスライドすると画像にフォーカスの効果適用量(1〜254、上のサンプル画像右は最大値)を変えることができます。

☆FilterFX for Free(バージョン1.0)FilterFX for Free

無料のカメラアプリ開発「FreeTheApps」の提供アプリのひとつ。
「Images」から写真を選び、「Filter」で9つのフィルタープレビューの中から「Soften」サムネイルをタップ。フルサイズで保存可能。

★絵画
[スケッチ系]
☆Photoshop.com Mobile(バージョン1.0.1.3)Photoshop.com Mobile

世界で最も利用されている画像レタッチソフト「Photoshop」のiPhone版。と言っても無料の他のアプリ以上有料Photogene未満、という気もするぐらいのあっさりとした機能ですが、やはり広告が付かず無料でこれだけの機能はすばらしいと思います。専用サイトに登録すれば編集した写真をアップロードが可能。メニューより「Edit」を選び、画像を取り込んだら上部右から2番目のアイコンより「Sketch」をタップ。ゆっくり画面を指で左右にスライドすると画像にスケッチの効果適用量(0〜42、上のサンプル画像右は最大値)を変えることができます。

[ペイント系]
☆ArtCamera LITE(バージョン1.5.0)ArtCamera LITE

画像フィルタ加工アプリ「ArtCamera」の無料お試し版。15種類のフィルタの中の「Oil Paint(油彩)」を適用。他にも「Claude Monet(モネ)」「Edgar Degas(ドガ)」など歴史上の画家の絵画風タッチにするフィルタもあります。保存サイズは240*320pxと小さめで、メール添付用には最適です。


☆Photo Philter Phun-Free Photo Filters(バージョン1)Photo Philter Phun - Free Photo Filters

20種類の効果の中から適用させたいのを選んで、カスタマイズした効果でフィルタ加工できるアプリ。メニューより「Filters」から「OilPaint」を選択、詳細設定で半径などの適用量を決めてプレビューすることができます(上のサンプルは半径2)。保存サイズは標準(Standard 240*320px)で、それより上のサイズで保存するとなぜか動作不良で強制終了になります。TwitterやFacebookにアップロードする共有機能あり。

[鉛筆系]
☆Photo Lab Daily(バージョン2.1.1)Photo Lab Daily

「Art」からプレビュー画像をフリックして、「Preview:Pencil」か「Preview:Pencil with Color」のスライダーでエッジの強さを指定してダブルタップ。
保存サイズはフルサイズの他、Midium Size(1024*768px)/Web Size(640*480px)の3種類を設定で決めることが可能。

☆ArtCamera LITE(バージョン1.5.0)ArtCamera LITE

画像フィルタ加工アプリ「ArtCamera」の無料お試し版。15種類のフィルタの中の「Pencil(鉛筆)」を適用。

[木炭系]
☆Photo Philter Phun-Free Photo Filters(バージョン1)Photo Philter Phun - Free Photo Filters

20種類の効果の中から適用させたいのを選んで、カスタマイズした効果でフィルタ加工できるアプリ。メニューより「Filters」から「Charcoal」を選択、詳細設定で半径などの適用量を決めてプレビューすることができます。保存サイズは標準(Standard 240*320px)で、それより上のサイズで保存するとなぜか動作不良で強制終了になります。TwitterやFacebookにアップロードする共有機能あり。

★版画
☆Re:NancyKPH-版画風に画像を変換!カメラや写真で楽しもう-
(バージョン1.0.3)Re:NancyKPH -woodcut image filter- ( Enjoy with Camera / Photo Album )

2006年に発表された「ナンシー"小"関風パッチもん版画」作成ソフトのアンサーアプリ。設定では4つのパラメータ(細かさ1〜5、太さ1〜5、線際1〜100、ベタ1〜200)で調整が可能で、インクの色もRGBスライダーで自由な色を指定できます。自動の割には意外とムラなくいい感じになります。

☆Edoshop(バージョン1.0)Edoshop

版画というよりは浮世絵(江戸時代の版画)風に画像を加工できるアプリ。「Color」では適用させる色数を指定(2〜20)、「Edge」ではエッジ検出度合い(20〜90)を決め、「Sign」では落款の挿入場所を指定して保存すると、Photoshopフィルター「エッジのポスタリゼーション」に近い画像が出来上がります。操作画面上に出てくる忍者のイラストの(保存)ボタンがかわいい。

★文字
☆JotNot Scanner Lite for Receipts, Whiteboards, and Documents(バージョン1.1)JotNot Scanner Lite for Receipts, Whiteboards, and Documents

画像の文字の部分だけ判別して見やすくするフィルタは、効果の中では一番実用的なツールで、このアプリではコントラストや白黒などの設定も自由にできます。便利なのはコーナーを選択して画像の適用部分を変形できる点。これによって多少曲がったりした状態で撮影された被写体もまっすぐ見やすくすることが可能。

☆Whiteboard Capture Pro(バージョン2.0.2)Whiteboard Capture Pro※有料版
2/22追記

もともとはホワイトボードの文字をキャプチャ(撮影)して、見やすくエッジのきいたシャープな画像に加工するためのアプリ。キャプチャして加工した写真はカメラロールに保存したり、Eメールに添付できる他、アプリ内に名前を付けてグループ別に保存することも可能。保存サイズは480*640px。期間限定無料の時にインストールしたアプリです。


★ネガポジ(反転)
だいたいどれも同じような処理結果になります。

☆Photo Lab Daily(バージョン2.1.1)Photo Lab Daily
「Color」カテゴリーで「Negative」をタップ。

☆ArtCamera LITE(バージョン1.5.0)ArtCamera LITE
「Select filters」で「Invert Image」をタップ。

☆Pixel Perfect(バージョン1.3)Pixel Perfect: FREE for limited time
「効果」より「反転」プレビューサムネイルをタップで簡単ネガポジ画像になります。この他にセピア/明るさ/鮮やかさ/色相/白黒の計6種類の効果を適用可能。保存サイズはフルサイズです。

★万華鏡
☆FLEX Photo Lab(バージョン1.0)FLEX Photo Lab

あの自動車「Ford」プロデュースアプリ。
「Enter Darkroom」で写真を選択し「Add Filter」ボタンをタップ「Kaleidoscope」を選ぶと万華鏡で覗いたような光景の画像になります。タッチパネルで上下左右にフリックするたびにそれ自体が変化、というタッチパネルならではユニークな操作性のアプリ。保存は320*480pxとメール添付に最適なサイズにリサイズされます。

★アスキーアート
☆Phoxt(バージョン2.0)Phoxt

写真をアスキーアートとしてテキストに変換できるアプリ。背景色の設定もでき、変換に「高精度」「低精度」も選択が可能。変換するテキストも好きな英数字のメッセージをいれることができます。ちなみに、Macに送ると微妙にずれます(上のサンプルの真ん中)。しかも、フルサイズの画像だと300KB以上の容量(上のサンプルは354KB)があるので、うっかり携帯電話メールには送らない方が良いと思います。

★合成
【虹】
☆Magic Rainbow(バージョン1.0)Magic Rainbow※3/20無料化にて追記

手軽に虹を写真に合成できるアプリ。まずスワイプして虹を作成。画面の適当な場所に移動させて、左のボタンで透明度を調節、さらに真ん中のボタンで虹の太さも自在に設定可能。虹を削除したい(やりなおしたい)場合は右のボタン、と3つの操作ボタンしかないのも使いやすいです。保存するとアプリのギャラリーページに保管され、そこからもちろんカメラロールに出力(480*640px)できます。

【光線】
☆Kitty Carnage(バージョン1.0)Kitty Carnage※2/27追記

期間限定無料の、画像上にライトセーバーみたいな光線を配置できるアプリ。iPhoneカメラで撮影した暗めの写真で使用すると一層光の部分が際立ちます。光線の色は4色、さらにぼかし系のライトもあり、それぞれ画面上でピンチで拡大縮小、回転など自由変形が可能。写真の中の人物、動物を部分的に光らせるのもよし、赤外線ルームみたいにしたりして遊べます。操作が割と不安定ですが、操作できなくなったらアプリを再起動するとレジューム機能によって前の編集画面が開き操作できるので、保存ミスの心配はなさそう。保存サイズは320*480pxと小さめでメール送信向きです。

☆FLEX Photo Lab(バージョン1.0)FLEX Photo Lab※2/27追記

画像の明るさ補正の他に、指でなぞってフリーハンドで光線を描くこともできるレタッチアプリ。「Enter Darkroom」で写真を選択し「Add Filter」ボタンをタップ「Electric Line」を選択。アンドゥ(やり直し)機能もあり。光線の色や太さは一種類のみ。保存サイズは320*480pxと小さめでメール送信向きです。

★ポスター
☆Yes We Camera(バージョン1.0)Yes We Camera※12/8追記

あの有名な「Yes, we can!」でお馴染みのオバマ米大統領風なポスターにフィルタ加工してくれるアプリ。色合いは1パターンですが、読み込んで加工した画像を画面上でスワイプすると、3種のパターン(「CHANGE」「HOPE」のテキスト入りとテキスト無し)を選択して保存が可能。保存サイズは文字入りが602*868px、文字無しが602*718px。

☆Hope Poster(バージョン1.0)Hope Poster※1/21追記

「Yes We Camera」アプリとだいたい同じような加工ができますが、こちらの方が、細かいカラー調整(色の組み合わせ:7種類、精密さ:4段階、各種レベルなど)ができたり、自由にテキストを挿入することが可能(日本語OK!さらに18種類の絵文字あり)。ただし横向きの写真は強制的に中心部分で切り抜かれたり、文字無しの写真のみの保存設定がなかったりします。
保存サイズは320*480pxで、メール送信に最適なサイズです。

★ポラロイド写真
★Polarize(バージョン1.1)Polarize

カメラで直接撮影した写真やカメラロールから取り込んだ画像を自動的にポラロイド写真風に加工するアプリ。保存サイズは、450*520px(枠線含む)。画像は自動で正方形にトリミングされますが、位置などの移動はできません。14文字(英数のみ)までテキストも入れることが可能。
記録的なものよりも、日常的な見慣れている光景などの写真を加工すると、独特の味わいの写真になります。

ちなみに自分はセール中に購入した「Photogene(バージョン2.10)」有料版→Photogeneで鉛筆にタッチにしたりシャープにしたりします。

comments

I would not be aware the way I appeared in this article, however i considered this kind of upload seemed to be very good. Great job!

That is very good comment you shared.Thank you so much that for you shared those things with us.I'm wishing you to carry on with Ur achievements.All the best.

幸運は、その背後にある人々を得て。いくつかは非常にエキサイティングな、より多くの物事のカップルを上げるよりも、やらなければならないとしているが、我々はすでに聞いたものと異なる場合があります。ここで言って何をしようとしているのか?君はどう思う?エネルギーの課金software.Itは本当に1思考の背後に得ることができないようです。とにかく、これは単なる私の考えです

これは、便利なポストだったと私はそれはむしろ同様に、この

これは、便利なポストだったと私はそれはむしろ同様に、この記事はよく書かれていることと有用なその他のコメントから見て簡単だと思います。

うわー、ついにカメラ付きiPhone"モード"でキャプチャ。のための新しいアプリケーションは、非常にヒッピーiPhone涼しい。

   

trackback

pagetop