ようやくMac OS X El Capitanにアップデート


送られて来た資料が、Keynoteファイルで「このプレゼンテーションを開くには、新しいバージョンのKeynoteが必要です。」というエラーメッセージが出て開けなく、さらに最新のバージョンのをダウンロードするには、最新のOSにアップデートしなくてはいけないということが判明し、自前の一番新しいMacのOSを購入時(OS X 10.9.4)の状態から初アップデートすることになり、一気に最新状態へ!
というわけで、去年の9月30日に初めてリリースされて既に半年近くになりますが、やっとOS X El Capitanをインストールして使ってみました。


それにしても一つ前のMac OS X Yosemite v10.10のリリース時には、自分が普段使いのアプリケーションとの互換性(というか相性)や、MacBook Airのパフォーマンスが落ちたりするのを懸念し「とりあえず様子見」状態が続いていたのですが、仕事で必要なAdobe Creative Cloud も最新版OSを推奨しているのもあり、重い腰をあげて今回OS X 10.11にしてみると、今まで気にしていたことが杞憂に終わったのを実感。

むしろ動作は早くなったかも!?とにかく現在はOS X 10.11.3を使っていますが、快調で全く問題なし!素晴らしいです。
こうなるとYosemiteも比較する為に使ってみたかったとも思わなくもないのですが、El Capitanにして良かった!です。

新機能で一番便利そうと思ったのはフルスクリーンを分割して2つのアプリケーションを同時に動作させることが出来る「Split View」。これこそがありそうで今までになく、出来そうで出来なかった画期的な機能です。

comments

   
pagetop