iMac 5K Retinaを店頭チェック

緊急事態宣言もそろそろ出そうなので、テレワークに備えてパソコンを新調計画。

東京は先月25日より週末の外出自粛要請が出てますが、Apple Storeは既に閉まっているし、オンラインで買うにしてもちょっとメモリ増設の件で聞きたいこともあり(不要不急ではないと判断)、帰りにヨドバシカメラへ寄ってみました。閉店時間もいつもより早くなっており、ギリギリ滑り込みセーフ。

ちなみに店頭のデモ機にはAppleのアニメコラボCM(写真のは映画「夜明け告げるルーのうた」のワンシーン)が流れておりましたが、このCM、よく見ると様々なアニメ映画の「Macっぽい」パソコンばかり使われているシーンを集められており、Appleでかつてない異色のCMとして話題のようです。

(参考)アップル異例の「アニメコラボ新CM」は、豪華すぎるだけじゃなかった

(それは置いといて)iMac買うならプロセッサは3.0GHzの下位モデルで良いので、その分作業スピードをアップすべくメモリを充実させるため、8GBよりは多めにしたいと思い、それにはCTO(カスタマイズ)モデルになるため、オンラインストアをチェックしたらCTOだけ取り扱い中止になっていたのでそのことについて質問しました。

どうやらCTOモデルは中国に発注するらしく、このご時世の状況下、発送時期も定かでないので一旦中止にしているとのこと。Apple Storeではカスタマイズモデルは取り扱っているようなので、そちらで注文するか、それともすぐ手に入る店舗在庫の従来品購入後、自分で本体にメモリを増設するかの二択のようでした。

とりあえず、iMacのメモリ増設は以前一度経験があるので、同じ要領なら自分で取り付けるのも視野に入れて、お勧めのメモリも教えてもらいました。

クルーシャルのメモリ 16GB×2枚 PC4-21300(DDR4-2666 260pin)単品購入のみなら約2万円(税込)。アップルストアで「32GB 2,666MHz DDR4メモリ」を選択すると、6万円(税別)でこちらは手数料や動作確認などの料金も含まれるため、完全な比較にはなりませんが、それにしてもクルーシャルのメモリ安い・・。

ここで27インチのiMac 2017年モデルと、iMac 2019年モデルは違う規格のRAMが採用されていることを初めて知り、今使っている2011年モデルのiMacに増設したメモリも当然規格が違う(1333MHz DDR3 SDRAM 204pin)ので、新しいのに付け替える、というのも出来なさそうです(クロック周波数もピン数も違う)。

参考にさせていただいたサイトはこちら↓

★iMac 5Kのメモリを増やして快適に!iMacメモリ増設の方法と注意点!

comments

   

Adv

pagetop