Genius Bar レビュー

Genius Bar」とはアップルストアの修理や技術サポートなどの問い合わせ窓口のことですが、今月は調子の悪くなったMacのノート型を2台ほど見てもらいに訪れました。前回のiPodのバッテリー交換以来の約2年ぶりのGenius Barです。

MacBook Pro(2008年1月購入)
症状:去年末あたりからバッテリーを充電しても、Macがすぐ強制終了してしまう(アダプター充電時は問題なし)
Genius Barでの診断結果:バッテリー故障(不良品ではない)
処置:修理交換として新品のリチウムポリマーバッテリーを装着してもらう
料金:AppleCare Protection Plan(3年保証サービス)に入ってたため無料。(このサービスが適用されない場合は15800円)☆バッテリーの交換

バッテリーは通常約300回(ぐらいが目安で)充放電繰り返すと弱ってくるらしいですが、自分のは100回以内のカウントだったので(システムプロファイラで確認)、あきらかにまだ寿命ではなかったわけですが、初めてApple Careが有効活用できて良かった気もします。
前世代のMacBook、MacBook Air、MacBook Proの取り外し可能なバッテリーは、適切な使い方をした場合、充電サイクルが300回までは、80%のバッテリー容量を保持できるよう設計されています。(参照:アップル-バッテリー-Appleのノートブックコンピューター
» read more

Safari 4

数日前、アップルから色んな製品がリリースされましたが、ハードな方(iPhone 3G S, MacBook Pro, MacBook Air)よりも今回はソフト面(Safari4, OS X Snow Leopard)の方が気になる感じです。

特にSafari 4初のHTML 5/CSS 3対応のブラウザとして、開発者としても見逃せない部分が多々ありますが、アップグレードして以来、異様に調子が悪かった原因がようやく解明。Safari 3の頃にインストールしていたプラグイン「Safari Stand」が未対応だったようで、それを外したら復活しました。今回の不具合の盲点は、ブラウザをアップグレードしても、Safari Standが通常に使える点だったわけで、だからこそ、このプラグインがそもそもブラウザ全体の調子を悪くしていたのに、なかなか気付きづらかったのが厄介でした。
» read more

厳密な時刻合わせ?

昔の「デジタル・スパイス」の記事を見て、なんとなくタイムサーバ設定。
NICT(日本標準時プロジェクト)の「NTPサーバ」を利用するには、「ntp.nict.jp」と入力するだけです。

Mac OS X で DVD コピー

最初に断っておきますが、コピーガードなどのかかっていない、普通にパソコンで作成されたDVDディスクの映像データを、Macを使って別のディスクにコピー(複製)するやり方です。そう、いわゆるムービーDVDダビングってやつです。

コピーするだけなら、Mac OS X 10.3以降では「アプリケーション」>「ユーティリティ」>「ディスクユーティリティ」ツールを使えば、Mac買ったときにバンドルされている「iLife」ソフト群「iMovie」「iDVD」を使用しなくても、ディスク複製できるのは本当に便利です。

★以前に作成した DVD-R ビデオディスクをコピーする方法@アップル・サポート
» read more

Mac OS X バックアップファイルの注意

Mac OS Xのファイル群をバックアップ、と言っても色々あります。
  1. CD-R または DVD-R ディスクにファイルを保存したり、「ディスク作成(焼き込み)」する
  2. 同じコンピュータの 2 番目のハードディスクやパーティションにファイルをコピーする
  3. iDisk(「.Mac」サービスがもうすぐ「MobileMe」に移行予定) などのリモートディスクにファイルをコピーする
  4. ファイル共有を使って別のコンピュータにファイルをコピーする
  5. Zip やその他のリムーバブルディスクにファイルをコピーする
  6. スケジュール可能なバックアップアプリケーションを使用する(「Time Capsule」など)
今回は新Macに移行する方法(オフライン)をまとめてみました。意外と何種類かの方法があり、状況によって適切な移行をする必要があります。
  1. 1台のパソコンから、別のパソコンにデータを移行する場合(引っ越し)
  2. Appleの独自ツールを使ってバックアップする場合
  3. 手動でデータを抜き出したい場合(OS動作不能等)
さらにOSや、一部アプリケーションのバージョンによって微妙に、データ格納場所が違ってたりする場合があるので注意が必要です。
» read more

Boot CampでWindows [3]

Boot CampでWindowsをMacに無事インストールできておしまい!だと思いきや、実はこの話に続きがあり、やっかいな問題がひとつあったのです。

Windows XP を使うための、搭載型Macキーボードの対応
1.「かな」から「英数」入力にできない
2.「PrintScreen」(キーがない)できない

という困った現象に直面しました。これが意外に曲者で、Mac OS XのインストールDVDの中のBoot Campインストーラーでドライバに、キーボード関連のドライバも入っているのですが、どうもこのキーの割り当てが使い勝手が悪い。一応主要コマンドの対応表↓はあるのですが、ノート(搭載型 Mac キーボード)で使えるショートカットキーに制限があるのが判明しました。

★Boot Camp Beta: アップルキーボードと Windows XP へのキーボードマッピング
» read more

メモリ増設(MacBook Pro)

Windows(DSP版)と一緒に買ったメモリを、「MacBook Pro」に取り付けてみました(1GB→2GB、計3GB)。

参考:★写真で分かる! MacBook Proのメモリー増設手順
★MacBook Pro メモリ交換手順 (DIY マニュアル)[PDF]

今までほとんどパソコン内部に触れた事のない自分としては、以外に簡単に取り外しできたと思います(G5 の時は、なぜかしっかり付いてて外れにくかったです)。
注意点は、メモリースロットの保護カバーのネジは以外に小さいので、小さなプラスドライバー(0番磁化済み)が必要なことと、静電気除去ぐらいでしょうか。
» read more

Boot CampでWindows [2]

インテルMac(Leopard)にBoot Campで、Windows XPインストールの続きです。

2回失敗して、3回目でようやく成功しました。
1回目:インストールはできたものの「Disk error..」でハードディスクからWindows起動せず。
2回目:取り出したWindowsのインストーラーを再挿入後、またインストールが始まったので、ボリュームを上書き。症状は変わらず。
3回目:Windows用パーティションからやり直しました。分割して作った「BOOTCAMP」ボリュームを削除。「Macintosh HD」ボリュームを元に戻して一からやり直し。
「32GBを使用」ボタンを使わず、分割バーをドラッグしてパーティションのサイズを再設定(10GB)。そうすると、Windowsインストールの「パーティションフォーマットの設定」で「FATファイルシステムを使用してパーティションをフォーマット(クイット)」が選択できるのでフォーマット。無事Windows起動!

原因はやはりフォーマットだったようです。
» read more

Boot CampでWindows [1]

IntelベースのMacでWindows XP, Vistaの利用を可能にする「Boot Camp」でMacによくやくWindowsを入れる事にしました。
Boot Campをやりたいために、インテルでMac OS X v.10.5 LeopardのMacを買った(いや理由はそれだけじゃないけど)ぐらいなので、当然パブリックベータ版(2006年4月5日〜2007年12月31日までアップルのサイトで無料提供)は使用しておらず、今回完全新規インストールです。

[ システム条件と用意するもの ]
  • Intel ベースの Macintosh コンピュータ(Mac OS X 10.5 以降、最新のファームウェアアップデート、起動ディスク上に 10 GB 以上の空き容量)
  • シングルディスクバージョンの Windows Vista、Windows XP Home Edition または Professional(いずれも Service Pack 2 以降)。
  • Mac Leopard インストールDVD
  • Boot Camp アシスタント(Leopard にインストール)
» read more

G5:故障と解体の経緯

もう一ヶ月前の出来事なので、忘れないうちに。

症例:コンピューターが起動しない。

対象機種:Power Mac G5(1.6GHz シングルプロセッサモデル)
技術仕様(PDF)
OS:Mac OS X Panther v.10.3.9(10.2よりアップデート
使用年数:約5年(ほとんど毎日)
同時使用のモニタ:Apple Studio Display(フラットパネル)
オプション:メモリ増設(購入時に販売店が設置)

主な症状(具体的に):
そもそも数ヶ月前から、何かしら調子が良くなく、まずアプリケーションが一部起動せず(「Macromedia Fireworks 8」など)。

スリープから起き上がらず。電源入れても起動音がせず、モニターも真っ暗なまま、そのままにしているとファンが異常高速回転

この時の、マシン電源ボタンのステータスランプは3回点滅(互換性のないRAMがとりつけられているときのエラー)を繰り返す。
» read more
<<back|<123456>|next>>
pagetop