虎の穴

早速、Appleの新OS v.10.4"Tiger"のセキュリティホールが発見されたそうな。早ぇ。
問題は新機能「Dashboard」でインターネット接続して怪しいプログラムをダウンロードしてしまった際、ユーザー側で簡単に除去できないところ。古典的な手口だが、イーサーケーブル外して新しいプログラム入れないようにするのが簡単な方法だろうか。
そもそも自分は「Dashboard」にはあまり関心はなく、「Spotlight」という機能が一番使ってみたいことが「Tiger」を注目している理由なのである。
だってキーワードでPDFや画像の中身まで検索できるとは!!
ということはアウトラインかけていないイラストレーター書類の文字情報も検索可能ということになる。
確かにダウンロードしたPDFやテキストファイルは結構そのままの名前でハードに保存していたりするので後から開かないと中身がわからない、なんてこともしょっちゅうあったりする。
プライベート書類は少なくても、仕事ではかなり使えそうな機能とみた。人からもらうデータもかなり同じ名前を多用しすぎていてそのつど保存名かえたりしないと、本当にわからなく場合が多いから。それと自分がつけるファイル名も相当適当だったりする。同じファイルに「2」だの「3」だの付けていたりするだけだから、いつも整理しなきゃいけない必要が出てくる。
とにかく整理はともかく必要な情報が瞬時に見つかることは望ましい。
ずぼらな自分にぴったりの「Spotlight」。

でも結構な量ヒットしそうだな。

「iPod shuffle」超える?液晶付き偽shuffle

22グラムでFMチューナーとボイスレコーダー機能付き、iPod shuffle激似の「Super shuffle」が、台湾から切り込みを入れてきました。
いやあ、似過ぎの域を超越して、すでに「そのまんま」の印象しか受けないこの商品。法的にも問題ないのが不思議なくらい。それが今回液晶付きで登場したのだから、ウケる。(しかもLinux OSにも対応)
ここまでやられると、本家よりも機能満載で、使ってみたいという衝動にかられるのは、自分だけじゃないはず。。。

Mac miniカスタムモデル

「Tiger」非搭載Apple商品購入につき1,980円で「Tiger」アップデートキャンペーン!!
「4/12以降にMacを新規購入し、製品にTigerが付属されていなかったお客様は、実費手数料のみのご負担でTigerにアップグレードすることができます。」
★Up-to-Dateプログラム
http://www.apple.com/jp/macosx/uptodate/

そういえば、パンサーの時もありましたね。結果OS2つ手に入る仕組みだが、購入したときに付属の用紙に記入してAppleに送付。その後、支払いを終えてOSパッケージが送られてくるのは2週間後だとか。わずか2千円で新OSはおいしいが、その一連の手順が面倒な気もする。パンサーいじっている期間があるのは自分にとって勉強にはなるが、そのキャンペーン自体は7月までのよう。ということはその頃には標準搭載になりそうな気もする。

Mac miniに関してだけ、メモリ増設などのオプションはヨドバシやビックなどではやってくれない。精密機器だから、専門プロバイダーまで行って持ち込まなければならないのが、さらに面倒だ。せめて銀座Apple Storeでやってくれればなぁ(一時予定はしていたらしいが、殺到を懸念し結局中止になった)。

しかしソフマップ新宿3号店で、メモリ増設込みのスペシャルカスタムモデルを発見。しかも持ち帰りできるとは!
Appleでカスタム注文したのを卸しているので、メモリなどこれのオプションで十分だと思えば、これが一番「買い」だろう。さらにTiger入れたらメモリの増設は必須だし。

まだまだMac mini購入思案中。

プリンターがキャノンな理由

またプリンター(BJ M70)の様子がおかしい。エラーボタンが2回鳴って印刷できなくなってしまいました。
そこで新宿の修理相談窓口(CANNON DEGITAL HOUSE/新宿QRセンター)へ持ち込んでみました。ここを訪れるのは2回目ですが、本当に便利。まず銀行みたいに受付番号を持って後ろのソファーで待つこと数分。今日は休みにも関わらず、比較的空いていてすぐに見てもらえました。


「インクカードリッジのヘッダーが汚れているので、新しいのに交換して下さい。寿命は使用するしないに関係なく1年ぐらいが目安です。」


新しいのを買って入れ替えるとあっさり直りました。しかも修理するほどでもないので、という理由で無料に。

気軽に相談できる窓口が新宿にある、家のプリンターが全部キャノンなのも一番の理由はそれだったりするのです。

CANON

虎欲しい

散歩していたらやたら男前の虎に遭遇。

新宿ソフマップでは昨日より販売されているMac OS「Tiger」を記念してなにやら抽選会やっておりました。この虎は景品の一部だそうだ。
★Mac OS X -Tiger-

ちなみに自分はMac miniにバンドルされるようになったら導入しようと思います。Pantherですら未だ慣れませんが(Juggar止まり)。

「.sitx」ファイルの解凍

sitX 「.sitx」という拡張子の付いた圧縮ファイル。OS9使用のMACの解凍ソフトでは「.sit」という拡張子のファイルしか開けないため、時々こういったファイルはOS Xの「Stuffit Expander」でまとめて開きにかかります。

★sitx (Stuffit X Archive)
MacOS X用のアーカイバ「Stuffit Deluxe」で作成することができる新しい形式の書庫。暗号化機能を内蔵していて、パスワードによる保護も可能。従来に比べて圧縮率も上昇しているようです。

★関連記事(最新記事)はこちら
<<back|<121122123124125126127>|next>>
pagetop