プリンターがキャノンな理由

またプリンター(BJ M70)の様子がおかしい。エラーボタンが2回鳴って印刷できなくなってしまいました。
そこで新宿の修理相談窓口(CANNON DEGITAL HOUSE/新宿QRセンター)へ持ち込んでみました。ここを訪れるのは2回目ですが、本当に便利。まず銀行みたいに受付番号を持って後ろのソファーで待つこと数分。今日は休みにも関わらず、比較的空いていてすぐに見てもらえました。


「インクカードリッジのヘッダーが汚れているので、新しいのに交換して下さい。寿命は使用するしないに関係なく1年ぐらいが目安です。」


新しいのを買って入れ替えるとあっさり直りました。しかも修理するほどでもないので、という理由で無料に。

気軽に相談できる窓口が新宿にある、家のプリンターが全部キャノンなのも一番の理由はそれだったりするのです。

CANON

虎欲しい

散歩していたらやたら男前の虎に遭遇。

新宿ソフマップでは昨日より販売されているMac OS「Tiger」を記念してなにやら抽選会やっておりました。この虎は景品の一部だそうだ。
★Mac OS X -Tiger-

ちなみに自分はMac miniにバンドルされるようになったら導入しようと思います。Pantherですら未だ慣れませんが(Juggar止まり)。

「.sitx」ファイルの解凍

sitX 「.sitx」という拡張子の付いた圧縮ファイル。OS9使用のMACの解凍ソフトでは「.sit」という拡張子のファイルしか開けないため、時々こういったファイルはOS Xの「Stuffit Expander」でまとめて開きにかかります。

★sitx (Stuffit X Archive)
MacOS X用のアーカイバ「Stuffit Deluxe」で作成することができる新しい形式の書庫。暗号化機能を内蔵していて、パスワードによる保護も可能。従来に比べて圧縮率も上昇しているようです。

★関連記事(最新記事)はこちら

PHPリファレンス本

PHPリファレンス本で何が使いやすくていいか、話題になる。
ここで言うリファレンス本とは辞書みたいにプログラム用語集でコンパクト(が多い)なものを指します。

まず自分が使っているのは、
『ポケットリファレンス シリーズ PHP ポケットリファレンス』
大垣靖男 著/技術評論社
色々関数や用例まで載っていて重宝しているが、やや説明が難し目。
★『PHP辞典 Desktop reference』
西沢直木 著/翔泳社
PHP5対応。しかしグローバル関数など一部載っていないのもあり。
人それぞれだと思うが「失敗」だと言われていた本。この著者で別の本で評判の良い本はある。
『プチリファレンスPHP4 プチリファレンスシリーズ』
山田祥寛 著

これ、前にベテランプログラマーさんが愛用していて使いやすそうだったのでお勧め。

i dog

久々に東急ハンズに行って、ちょっと面白いものを見つける。
★Entertainment Music Pet [i dog]>

聴いている音楽をジャックにつなげると音楽に合わせて、イルミネーションと動作で盛りあげ、なんと作曲までできてしまう不思議なロボットペットです。重さ170g、価格4,179円なのでそんな高くはない。(何かを意識しているはもう明白なのであえて言わないが、)
ところでこの犬、ちょっと目が多すぎ。
idog
<<back|<125126127128129130
pagetop