iPodの中にiTunesライブラリ

思いつき動作実験。以下のことは可能かどうか。

1.iPodをMacintosh&Windows両対応のハードディスクにして、さらに曲管理はMac側のiTunesで行う
2.iPodに転送(同期)する曲まるごと(iTunesライブラリ)をそのiPod(ハードディスク)の中に入れて使用する

【補足】
1.iPodのフォーマットを「FAT32」すればMac&Winでファイルの読み書きが可能。問題はそのままWindowsじゃなくてMacのiTunesで曲を転送できるかどうか。
2.大容量タイプのiPodじゃないと厳しいですが、基本外付けハードディスクに設定する事が可能な「iTunesライブラリ」。では、パソコンに繋いだiPodをハードディスクとして使用できるから、その中にもライブラリ置いて利用できるのでは?
» read more

別のライブラリに切り替える方法 [ iPhoto, iTunes ]

Mac OS Xで
「iPhoto」の写真データは
「ユーザー(ホーム)>ピクチャ>iPhoto Library」
「iTunes」の音楽ファイルは
「ユーザー(ホーム)>ミュージック>iTunes>iTunes Music」

がデフォルトの保存場所なわけですが、徐々にそれも肥大していくとハードディクの容量の制限などの関係で、別の場所に移動したり、現在のと分けて保存して同じように使えれば便利です。もちろんこのデータやその情報を管理する「ライブラリ」ファルダを基本どこにでも作ることが可能ですが、使用するには、現在のiTunesウィンドウのライブラリの切り替えが必要になります。
» read more

春を先取り?ピンク色のiPod nano

”Pretty in Pink”
もう出なさそうなぐらいに、ニューカラーの桜色のiPod nano (ピンク)登場です。今回も上位モデル(8GB:23,800円)の方に追加されました。

というわけで、nanoは春色全開ですが、今朝の東京は雪景色です。
今も外を深々と積もっていきます。

新しいiTunes Card(ホリデーバージョン)

iTunes Card多分その辺の販売店にはまだないと思います。いつの間にか(多分先月あたり)リリースされてた、ニューバージョンのデザインのiTunes Cardを先日アップルストアで見ました。
オンラインの方のApple Storeではまだ3500円分のみですが、アップルストア銀座で販売されていたのは、1500円、3000円、10000円(高い方の2種の値段はあいまいです。間違ってたら失礼)。ピンク、グリーン、ブルーのメタリックなハードタイプのカードです(海外サイトではオンラインでも販売中)。実際はキラキラしていてカッコいいのですが、このデザイン、イラレの長方形ツール+回転ツールの初歩の授業でよくやる図形にそっくり・・・なわけないか。
とにかくまたもや、プレゼントギフトにぴったりな感じで良いですね。それにしてもさすが、本場の方がデザインの種類が豊富なのがちょっと羨ましいです。

nano、新しい衝撃「猫の舌」

新しい iPod nanoが、クッキーに見えた瞬間。

「タッチ」の方はまだですが、「ナノ」と「シャッフル」と大容量モデルのは店頭に出ていたので、触ってみました。
やっぱり今回一番リニューアルした感のある「iPod nano」、寸胴になったその体型はまだ見慣れませんが、画面が広くて予想以上に見やすいです。しかも全画面表示だったメニューが半分になってもう半分にプレビューが見れるっていうのは、操作していて新しい驚きがあります。(使いやすいかは未知数、いや慣れれば相当使いやすいでしょう)
» read more

電話はできないiPhone「iPod touch」登場!

iPodファミリーが一新されたのが発表になりました。

★iPod shuffle ------ シルバー+ニューカラー(グリーン/ブルー/レッド/パープル)で5色展開に。
★iPod nano ---------320×240ピクセルの大きなディスプレイ採用のため、縦方向に潰れました。そしてついにiPod ビデオ対応に。しかも光沢のあるステンレスな外観。
★iPod classic ------従来の「iPod」が容量アップで最大160GB(約40000曲)に。
★iPod touch -------噂のiPhoneの電話機能がないモデル(やはり無理だったか)。電話はできないけど、ネットは使えるiPodです。無線Wi-Fiで802.11b/gに対応。アプリケーションとしてはWebブラウザ「Safari」やYoutubeを搭載。あとはカレンダーやアドレスブック、電卓、時計などのPDA的機などなど。まさに小型Mac。しかもこれでHDDではなくフラッシュメモリというのが驚き。なので容量は8G、16Gと抑えめです。
» read more

秋、iPodで読む文学小説

最近、夜がちょっと涼しくなってきて、やけに早い秋の訪れを肌に感じつつ、ふとフリーのコミック雑誌で読んだ日本文学の原作を読みたくなりました。
だいぶ前のバージョンからiPodの「エクストラ」>「メモ」の項目にテキストデータを表示する機能が搭載されていて、手軽にニュースやメールなどの文章も持ち歩きでどこでも読めるようになりました。
exTiger1.1.1テキストファイルを表示するには、iPodをディスクとして使用するように設定をしてから、テキストファイル(.txtで保存したファイル)をiPodの「Note」フォルダにドラッグします(詳細)。しかし、iPodでの表示では文字制限があり、4000文字を超えた文字は途中で切れて見ることはできません。なので特に小説のような長文ファイルは分割する必要があります。Windows用は「Textmemo for iPod」などが長文テキストをiPod用に分割・整形してくれますが、Mac用ソフトで同じようなのを探してみると「exTiger」という、メモのテキスト分割だけでなく、歌詞の自動取得機能やiPod内アドレス帳/カレンダー/メモの新規作成・編集などできて結構多機能なソフトを発見。
» read more

赤い iTunes Card

Apple Store銀座に寄ったとき、iTunesカードに限定バージョン「iTunes (PRODUCT) RED Card」なんてあったのを初めて知りました。 3000円分の曲が購入できるこの赤いプリペイドカード、今年の5月から全国7カ所のアップルストアと、オンラインのアップルストアのみで手に入ります。もちろん赤いnanoと同じくHIV撲滅&支援「(RED)」プロジェクト協賛製品です。

夏はコーラで曲ゲット!

本当に当たりました。
「その場でアタル!!iTunes ミュージックダウンロードプレゼント!」
という自販機の広告につられて、数年ぶりに缶のコーラを買い、そして仕事の合間にPCよりコカコーラサイトにアクセス。無料会員登録し「応募」ボタンを押し、缶の応募シールの裏面の番号を入力するとあっさり「おめでとうございます!」
このキャンペーン、先月からやっていたらしいのですが今日初めて知りました(それでRIP SLYMEがアップルストアに来て大騒ぎになってたのかがわかりました)。150円から270円の楽曲自体は価格は安いですが、すべての中から好きな曲を選ぶことができるので、ちょっと得した感はあります。
この「Coke + iTunes」キャンペーンは、9月30日(日)24:00まで実施予定。
» read more

iPodイベント「miximum!」

多分今現在、新宿でやっているイベントです。

★miximum!!
レコードやCDの代わりにiPod等といったDigital Audio Playerをミキサーに接続し、参加者全員がDJプレイを行えるイベント。つまり自分の手持ちのiPodの曲をDJさながら披露できるそうです。

イベントそのものを知ったのが昨夜。「今日じゃん!?(日付変わっていたので)」みたいな。オールナイトイベントなのですが、前回は2巡目はいけなかったほど、参加者は増加中のようです。レポートを読む限りでは、DJプレイ操作技術よりも、会場内の空気読むのが相当重要な様子(DJ本来の姿ですね)。次回(6月予定)参加してみようかな。
<<back|<1234567>|next>>
pagetop