Macで年賀状作成

今更ですが、MacのTVCMで言っている「iPhotoで写真を使って簡単に年賀状」。「iPhoto 6」からやっとグリーティングカード機能が強化されたのでこう言ってるわけですが、恐らく年賀状に限っては他の市販Windows用ソフト「筆王」「筆まめ」「筆グルメ」とかの方がはるかに使い勝手が良いと思います。Macでは「宛名職人」が使えます。(自分は昔「筆王」使ってました)Mac関連でなんとか、というと意外と難しいみたいで「iWeb」という奥義を使う手もあるのだとか。。
» read more

Mac OS X ウイルス

★Mac OS Xに感染する新たなウイルス,Macユーザーもセキュリティ対策を(@IT Pro)
久々に出ましたね。

「OSX.Macarena」危険度-1:Very Low(最低)
形式と感染方法:実行形式のプログラムで,実行されると,同じフォルダに保存されているすべてのファイルに感染を広げる。
とはいうもののファイル名、拡張子に関わらずに感染する割には、ウイルスが実行されたフォルダでしか感染しないようなのがウケます(広がらず安心!)

こちらのブログで詳しく解説されてます。

シンプルなエディタ「KEdit for Mac」

keditWebサイト制作時のコーディングでは、Dreamweaver の他にMacではフリーのエディタ「mi」をよく使っていますが、それに似たもっとシンプルでおもしろい機能のフリーエディタを使ってみました。「KEdit」は、メニューバーもない、まったくシンプルなソフトですが、開かれたファイルの左下にひっそりと「文字コード」「改行コード」「ファイルの種類」が選択でき文字コードが決まっているプログラミングやるのにも使えます(もちろんテキストファイルの改行コードと文字コードを自動判別して展開)。そしてカラーシンタックス機能 (CSS, Perl, PHP, Ruby)も装備されているので、コードが非常に見やすいです。
» read more

Mac OSXのアップデート(Panther編)

Mac OS X v.10.3-Pantherそういえば、昨日まで連休でしたね。皆さん、楽しまれました?
私はそれ自体、すっかり忘れていました。(最近は土日も普通に仕事なので、もはや暦通りの休日の感覚は皆無です)
しかも夕方まで東京は大雨、そんな連休最終日は、自宅でメインマシン(Mac)のOSのアップグレードなんぞやっておりました。しかも今更10.2→10.3へ。

Mac OS Xでは、家以外でも前の職場でも使っていた10.2が一番馴染みがあるのですが、さすがにもういい加減新しいアプリケーションが対応してこなくなったため、10.3以上にアップグレードせざるを得ない状況に。そんなわけで、念のためAppleオンラインチュートリアルで確認しながらインストール作業しました。
» read more

「G5」から「Mac Pro」への新時代

3GHzデュアルコアIntel Xeon 5100シリーズプロセッサ2基+最大16GBのメインメモリをサポートなどなど、ハイエンドな技術がとどまる事を知らないマシン「Mac Pro」が登場しました。単純計算 2(デュアルコア)x 2 = 4のクワッドコア動作に対応って一体どれだけ早くなるのでしょう。。。
「G3」より始まって「G5」の次は「G6」ではない、という噂は前々より聞いていましたが、先に出たノート型の方が、デスクトップ追随品だったのか。これで今回発表された「Mac Pro」と「Xserve」(サーバ)の登場をもって、すべての製品のIntel CPUへの移行が完了したことになります。
ちなみに前モデル「G5」の外観デザインはほぼ変わらず、光学ドライブスロットが2つに増えたのが違いを見分けるポイント、というぐらい「G5」そっくりです。しかしこのドライブも相当すごいらしい。片方で再生、もう片方のドライブで書き込みを同時にこなせるとのこと。今回に限らずいつも思いますが、やっぱり映像編集者が一番のスペックの恩恵を受けられそうですね。

★最後のIntel Mac製品「Mac Pro」「Xserve」がついに登場ー次期Mac OS X “Leopard”のプレビューも公開
» read more

「失敗は成功の母」論@アップル

『リスク取らずにヒット商品は生まれない〜米国で広がる「失敗のススメ」』(日経ビジネス7月17日号)にて。
ヒット表品を生む法則は敗因分析から出ていて、コスト削減と成果主義で萎縮してしまった社員の独創性に、企業の成長のカギが潜んでいるという。まさにことわざにもある「失敗は成功の母」の言葉通り、失敗を乗り越えたからこそ、今の成功した姿がある大企業の紹介で、アップルコンピューターの「Lisa(リサ)」の例が紹介されていました。

1983年に登場のGUI(グラフィカルユーザーインターフェース)を採用した初の商用パソコン「Lisa」は、動作が遅く、高価(1万ドル弱)なため売れなかったが、その「Lisa」のGUIはその後、動きがスムーズな「iMac」のマッキントッシュや、シンプルな設計の「iPod」といったユーザーの使い勝手の良い一連の製品群を生むきっかけになりました。
★アップル社30周年、インターフェースの歴史を振り返る
» read more

Apple Store Ginzaのトークショー

iPod CM「1000 Songs Ad」の曲のRinôçérôse(ライノセラス)銀座アップルストアに来るということで、運良く時間が空いたので、仕事あがりに観に行ってきました。
rinocerose
» read more

Macで始める「Last.fm」

Last.fmいよいよ本日よりエキサイトが英国発の音楽コミュニティサイト「Last.fm」の日本語版をスタート!されました
なので早速ユーザーデビュー(誰でも入れます)。まずMac OS X(10.4対応)に専用無料ソフトをダウンロード。ソフトを起動して、「Last.fm」で登録したIDとパスワードを入力するだけ。そうすると、iTunesなど、ミュージックプレイヤー(他Winamp、Windows Media PlayerもOK)で再生された曲が「Last.fm」のユーザーページに送信されてページに反映されます。と、ここまでのやり方はまさに「mixi ミュージック」にそっくり(もちろんiTunes経由でiPodの曲も送信可能)。
しかしそれにはない機能はたくさんあって、例えば再生した曲をブログなどに貼れたりします(下参照)。あとは「日記」書いたり「友達」追加したり、「グループ」(コミュニティー)参加機能など、SNSならではの基本機能は同じようですが。ただ、他にもグローバルな機能が盛りだくさんのようなので、これから使い倒していこうと思います。
» read more

ジョブズ氏@アップルの思惑

お馴染みアップルのCEO(最高経営責任者)のスティーブ・ジョブズ氏がウォルト・ディズ二ーの取締役に就任したのは、最近の話。

しかし!なんと取締役報酬の受け取り辞退を表明。その額65,000ドル/年(約750万円)!米メディアによると、ジョブズ氏が報酬の返上を申し出たため、同社取締役会はこのほど規定を変更し、無報酬とした。ジョブズ氏はアップルでもCEOとしての給与が年間1ドルしかもらってないとか。(参照:日経新聞4日夕刊)どうしたんでしょうね、まったく。すごい人がいるもんです。無欲なのか?それとも


「その代わり全世界のiPodの売り上げを俺に!」
というオチとかあったりして。

旧型OSの弊害。

Operaの新しいのがリリースされました。

その話題とは違いますが、同じくブラウザ関連の話。
最近気付いたことなのですが、古いMAC OS(9以前)にPLASH PLAYER 8(最新版)が対応していません(バージョン7まではインストール可能)。つまり、新しいFLASHで作ったコンテンツは古いMACではどうやっても見れないのです。ちょっと困ります。OS 9以前は使うなと言わんばかりの強引さが見え隠れします。(Xに乗り換え自体は別に賛成ですが)なんだかややこしい。。。
» read more
<<back|<1234567>|next>>
pagetop