RSSリーダー色々(for Windows)

色々なブログの更新情報をまとめて取得したい場合に使う「RSS」リーダー
RSSリーダーとはニュースやブログなどの最新記事のまとまったRSS(Rich Site Summary)ファイルの情報を取り込んで更新状況をまとめてくれるソフトなどのことをいいます。一体どんなものがあるのか調べたついでに、ちょっと使えそうなのをピックアップしてみました。

★goo RSSリーダー(ウェブ版/アプリ版)
ウェブ版はネット繋いでブラウザチェックするタイプのもの。ネットさえ接続できればどこでもチェックできるが、使用にはgoo IDの取得が必要。アプリ版は3ペイン型(メールソフトによくあるような3分割されたインターフェース)。ブラウザ開かなくてもソフトが自動収集してくれる。
★Headline-Deskbar
RSSに対応するWebサイトの更新内容を、タスクバーやブラウザ(IE)ツールバーに表示するソフト。実は私が一番気に入って使っているツールです。ブラウザの他にRSSソフトを開くほどヘビーユーザーではないので(というか単に面倒くさい)気軽に使えて同じブラウザ内で見られるので便利。↓
Headline deskbar
以下は動作確認してないけど、面白い&便利そうだと思ったソフト。
★PopRss
メールソフトRSS情報受信型。更新情報をメールで良く受け取るmixiやブログユーザーには馴染み深いかもしれません。
★cococ
タスクトレイアイコンの吹き出しで知らせてくれるRSSチェッカー。これも別なことやっても)勝手に教えてくれる便利ツール。

他は「窓の杜」でチェックしてみるのがお勧めです。

Sage/RSSリーダー(Firefox機能拡張)

sage
RSSリーダー(ブログなどの更新チェック)のMac版ソフトはやはり少ないので、その他代替え使用としてWebブラウザ「Firefox」の機能拡張にそれぐらいあるかも、と探してみたらあった!ので使ってみることに。
Firefox起動して「新しい機能拡張を入手」より「Firefox Add-one」で"RSS"でサーチしてみると、30個程度見つかります。順に機能詳細を見て行くと、ちょっと目的とは違うものや、ユニークなものもありますが、まずはその一覧より「Sage 1.3.6」という機能拡張をインストール。
このRSSリーダーは、ブラウザの左ツールバーとして機能します。更新するときは虫眼鏡ツールをワンクリックでチェック(もちろん時間設定も可能)。RSSリンクがどこにあるかわかりずらいサイトもリーダーに登録するときにチェックしてくれるのが特徴。

超強力画像管理ソフト「Picasa」@Google

PICASAパソコンの中の画像は仕事柄、常に増える一方。デジカメの画像はMacでは「iPhoto2」で管理してます。
別のWindowsマシンではGoogleからリリースされてるフリーの画像管理ソフト「Picasa」(Windows版のみのパソコン内全スキャン&表示型ソフト)を最近使い始めて、かなり便利なので重宝しています。「iPhoto」などにある、スライドショー、メール添付、簡易画像補正機能も装備しているのはもちろんのこと、スキャンされるファイル形式がQuickTimeなどの動画も選べる上(左画像参照)、いつでも設定は自由に変えることができます。
便利なのは「バックアップ」機能。設定でCD/DVDや外付けHDDなどを指定して保存できるのでワンクリックで後回しにしがちなバックアップもあっと言う間に完了します。
あと、新しく読み込んだものや設定を変えて表示させた画像も、メールボックスの未読メールのようにその格納されたフォルダにマークが付き、チェックしていない画像もすぐ見つけることができるのもありがたい。サムネイルもフォルダごとに別れて一画面に全部表示されて見やすいので、昔の画像とかグラフィックとか思わぬ発見がありました。
Mac版もあるといいのにな。

User Agent Switcher(Firefox機能拡張)

「Firefox」ユーザーエージェントを切り替えて表示できるらしい。

Webブラウザの「FireFox」には色々な便利な機能拡張を追加できるのが人気。
CSS直接編集やJavaScriptのデバックなどWeb制作者、開発向けのツールが多くあり、自分も時々使っていました。
今回のツールも便利そうなので、早速入れてみた。ただFirefox1.5から有効の機能だったため、1.0からアップデート
Firefox-User Agent Switcher1.「Firefox」を起動。
2.上のメニューバーより「機能拡張」を開く。
3.現在の入っている機能一覧のウィンドウが開くのでその右下の「新しい機能拡張を入手」をクリック。
4.開いた「機能拡張」のダウンロードサイトで「User Agent Swicher」を見つけ、ダウンロード。
5.2.で開いた機能拡張一覧ウィンドウに「User Agent Swicher」がインストールされていればOK。それをダブルックリック。
6.オプション画面が開くので「User Agent」の項目でチェックしたいユーザーエージェントの情報を入れてみる。
7.2&5で開いたウィンドウを閉じる。上のメニューバー「ツール」に「User Agent Swicher」が追加されているので、それで設定したユーザーエージェントに切り替えて、ページの更新ボタンを押して、確認してみる。

左はモバイルのユーザーエージェント情報を追加して表示させた、ここブログ。(携帯用なのでPCブラウザで見ると非常に違和感あるのは百も承知の上)
こんな感じでユーザーエージェント名(私はこういったブラウザを使っているんですよという部分)を偽装できます。モバイル以外でもWin or Macの色んなブラウザでサイトチェックするのに非常に役立ちそうです。

eclipse for Mac OS X

JAVAの開発環境として知られる「eclipse」がプラグイン入れればPHPの開発にも役立つ話をきき、試しに自前のMacにインストール。
error_eclipse
アプリケーション起動すると早速エラー。「JVM Terminated.」
…JVMって何?もしかしてコンパイルする必要ある?
(ちなみにインストールに関しての予備知識ゼロ)
それにしても、動作環境のOSのバージョンについての詳細がないのが少々困る…。
(Mac OS Xでもバージョンごとにけっこう違うから)

ソフトのバージョン

アドビから出ている最新のCreative Suite 2(Illustrator CS2, Photoshop CS2の系列が入っている)は前バージョン(CS)より動作の調子が良いらしい。自分はまだCS2を使ったことがないので、らしいとかしか言えませんが。
要するに、ソフトは何でも偶数番号が良いという話をきいた。偶数というか2番目、つまり最初に出した後の、初期不良を改善した次の製品ってことなら話はわかります。
ってことはマイナーバージョン?でもちょっと違うのかな?
自分も言葉の意味など正確にわかってなかったので、調べてみた。

★用語集 バージョン番号

HTMLメールで大苦戦

どうしても、Windows98のOutlookで受信したテスト版HTMLメールを開封すると、強制終了がかかる問題あり。
しかもそのPCが手元にないという(どーチェックすりゃいいんだーという)困った状況。しかたがないので、他にいいメーラーないか探すのにも時間をあててみた。

★ThunderBird(for Windows, Linux, Mac OS X)
すっごい高機能!デフォルトでHTMLメールだし、HTMLタグをコピペで簡単に挿入でき、オリジナルが作成できる。
★Mozilla Suite(for Windows, Linux, Mac OS X, Solarisなど)
これはネスケについているメーラー「Messanger」みたいな感じ。ブラウザメインでオプションって感じ。メーラーが独立していないので、ブラウザを先に開かなきゃいけないのがやっかい。

「ThunderBird」でなんとかなれば一番いいのにどうしてもサーバから読み込んでいるはずの画像が添付形式でひっついて送られてしまう。でも自分の普段使っているのをこれに乗り換えてみようかなと思うぐらい、高機能。

Studio 8のすごい新機能

12日に発売となった、新バージョン!「Macromedia FLASH Professional 8」にはなんと!Photoshopばりの画像補正機能(グラフィックエフェクト)が搭載!
★Flash Professional 8 : 機能

画像がフレーム上でトーンカーブが!色調補正が!使えたりする。
今日いち早く人の実演を目の当たりにして、相当感動しました。
まさに「ってか、スクリプトいらねーんじゃねーの?」状態です。
ちなみに「Flash Basic 8」にはこの機能はついてないそうだ。
★機能と比較

欲しいなー

Outlookエラー

前も記したかもしれないけど、お馴染みMicrosoftのメーラー、OutlookExpressが送受信するときに強制終了してしまう!というトラブルに対応。久々に見る、「タイプ2のエラー」発生。

以前行ったはずの対処法忘れたので、急いで調べてみる。
Macのバージョン9以下で使用のOEでは、メモリの割り当てを増やすか、ソフトのバージョンをアップデート(旧バージョンのバグのせい)すると直るらしい。早速、アプリケーションのメモリを増やして試す。それでも症状が変わらないので、5.0.2より、5.0.6にバージョンアップ。エラーは出なくなり、無事復活!
アップデートといっても、新しいのをダウンロードし、HDDにコピーし、起動するだけ。変化にほとんど気付かないぐらいスムーズに今まで通り使えます(設定はもちろんそのまま)。
★Outlook Express 5.0.6 for Mac(OS 8.1〜9.x 用)
<<back|<12345
pagetop