ペアレンタルコントロール機能

某PC総合量販店で噂の黒いノート型Mac「Mac Book」のデモ機をいじっていたところ、WEBブラウザSafariで自分のホームページにアクセスしようとしたら、なぜか表示されませんでした。
エラー内容は「ペアレンタルコントロール機能を使用しているため、ブックマークされていないWEBサイトの表示はできません。ブックマックに登録してからアクセスしてください。ブックマークに登録するには、このコンピューターの管理者権限が必要です」
一瞬「は?」と思ってしましました。ゲスト(お客様用)のアカウントだけでは、サイトも見れないの?と。
調べてみると、Mac OS X Tigerでは、従来のユーザーごとにアプリケーションなどの設定できる「マルチユーザ設定」と強力な「ペアレンタルコントロール機能」によって、アクセスできる内容を制限するなど、ひとり一人のアクセス対象を管理できるようになったようです。
そして「Safari」のペアレンタルコントロール機能は、Safariのブックマークバーにアクセスを許可するWebサイトだけを登録して、確実にWebサイトを指定可能。「Safari」の管理機能が有効に設定されている場合、ユーザーがブックマークバーに登録されているサイトしか閲覧できません。アドレスフィールドに新しいWebアドレスを入力したり、許可したサイトから許可していないサイトへのリンクをクリックしても、Safariはサイトを読み込まず、エラーメッセージを表示します。ブロックされたページにアクセスするには、管理者の許可が必要になります。
まさしくこの機能で、お店はアクセスできるサイトを制限したわけです。すごい徹底した機能ですね。でもこれだったら、うっかり変なサイトにアクセスして、外部からのウィルス感染や、フィッシング詐欺などの心配も減りそうです。

黒いノート型「MacBook」の登場

Macより数年ぶりに黒いノートパソコン登場(13インチ 2GHz Intel Core Duoモデルの方)。 バナーの「MacBook」は白ですが、黒は確か6年以上昔の「PowerBook G3」以来?いいですねー。
「PowerBook」といえば、自分はこの頃のデザインが一番好きです(白い林檎のロゴが際立っていて、やっぱり当時の憧れでしたね)。そして「MacBook」が出揃ったところで、「PowerBook」がアップルのサイトの製品ラインから姿を消していたのに、時の流れの早さを感じてしまいました。(え、もう?みたいな)

Mac OS X で「プロキシ」設定

プロクシ(プロキシ)とは、代理という意味で、利用者のパソコン(ブラウザー)が目的のサイトに直接アクセスするのはなく、プロキシサーバにアクセスを依頼して、その結果を受け取るというように、代わりにアクセスするサーバのことです。つまり、自分のPC => プロキシサーバ => 特定のサイト と足踏み用で使われたりします。最近ではプロバイダーの提供する「コンテンツフィルタリング」サービス(有害なサイトへの接続をブロック)などで必要な場合もあります。
だいたいブラウザで設定を済ますことができるのですが、Mac OS Xでは「システム環境設定」から「ネットワーク」を選んで、「プロキシ」のタブで設定します。
★設定参考(Mac OS X.v10.3)

ちなみに、数年前「串を挿す」(プロクシサーバーを経由する)(2ちゃんねる用語)って言われて、最初何のことかさっぱりわからなかったです。「プロクシ」=>「クシ」=>「串」
» read more

アヒルが運ぶ「Portable Cyberduck」

CyberduckWebクリエーターの三種の神器、ブラウザメール、とくれば残りはやっぱりFTP?ということで「USBメモリ&iPodなどで携帯できるシリーズ」今回はフリーFTPクライアントソフトの紹介。
作ったWebサイトをサーバにアップロードするのに必要不可欠なFTP(ファイル転送)ソフトといえば、Mac用ではちょっと前までは「Fetch」のシェアが大半を占めていた(というか他にいいのがなかった)為、かなり馴染みがあるのですが、最近ようやくフリーの『Cyberduck(サイバーダック) 2.5.5』(日本語版)(Mac OS X 10.3.9以降)を入れて使い始めました。『Fetch』にはないツリー構成でファイルが開けるのが便利だし、ブックマークとして複数の接続をサイドに表示させて繋げられるのも操作しやすいです。
あと、Webオーサリングソフト(Dreamweaverなど)のFTP機能を使うのももちろんいいのですが、やはりファイル1枚更新したときなどにすぐ立ち上げられるこういった軽いFTPソフトもあって損はないです。
で、これとは別の持ち歩けるのは『Portable Cyberduck』。こちらも日本語版あるので操作には困らないでしょう。ダウンロードして解凍したフォルダをUSBメモリなどに丸ごとコピーしてアプリケーションをクリックするだけ。これのWindows版で使えるもあれば。。とふと欲が出てしまいました。

Mac OS Xで半角カタカナ入力

「言語環境」→「入力」パネルで半角カナをチェック(OS 10.3)またまた技術忘備録シリーズです。
半角カタカナ入力。別に普段、アスキーアートとかやらない限り、パソコンなどでめったいに使うことはないです。しかし、サイト制作では、モバイルコンテンツ(携帯サイト)を作るときに多用していた、入力文字種なんです。この文字、人それぞれ好き嫌いがあるんですが、まあ最近はモニターが大きくなったとはいえ、ケータイの限られた画面サイズの中で文字をレイアウトするのって、思ったより難しいものだったりします。
なので結構これも文字数調整で必要なときに「そういえばどうやるんだっけ?」的なことなので、忘れないうちに、環境別操作方法をメモっておきます。
■アップルメニュー→「システム環境設定」→「言語環境」の「入力」パネルを開いて、「半角カタカナ」にチェックを入れます。(上のキャプチャ画像:Mac OS X v10.3〜[詳細]
■「ことえり」→「環境設定を表示」して「入力」タブの「半角カタカナ入力をおこなう」にチェックを入れます。(Mac OS 9〜X v10.2
» read more

アンティークなデジカメ@Apple

QuickTake150-appleデジカメの記事のときにコメントをくれたmtさんに『Apple QuickTake 150』を見せてもらいました!
(私と違って)几帳面なmtさんのおかげで、箱から、デジカメ本体+付属品のマニュアルなどの一式揃っているところを目にしたときは本当に感動でした。「QuickTake 100」の後継機種としてアップルから約11年前(1995年)に発売されたこのデジカメ、本体はプラスティック仕様なので見た目より軽いです。しかもレンズカバーの開閉がなんと手動!昔のフィルムカメラで似たようなのは触ったことがありますが、これは当時のそれに近く、本当にデジカメっぽくないのです。しかも付属の「クローズアップレンズ」も(もちろん手動)で装着してレンズを覗いてみると、かすかに視界が狭くなったような。。その微妙なズーム機能も今となってはかえって(不思議に)新鮮です。
実際に撮影とかはしませんでしたが、ほとんど新品同然なので普通に使えるとのこと。
mtさん、お宝見せてくれて(ネタ提供)本当にどうもありがとう!!

Macで始める「Google Earth」

以前『Google Maps』によるサイト解析の話を載せましたが、地図を上下左右に自由に動かせるスクロールできて、さらに衛星写真付きの地図情報サービスはもうあたり前。今の流行は3次元地図でその代表が『グーグルアース(Google Earth)』
今年に入ってMac(ベータ)版がリリースしたので、インストールしてみました(無料)。対応OSがMac OS X 10.3.9からだったので「Tiger(10.4)」で動かしてみることに。
古代遺跡をも発見してしまう人がいるぐらい(すごい!)の詳細の衛星写真で話題のこのソフト。やっぱり最初は、自宅近辺など知っているところから見てみたいもの。「Fly To」のサーチフィールドは「Tokyo」ぐらいまでしか認知してくれません。そこで座標で細かく探すために以下のサイトで「Yahoo!地図情報」で探した場所のURLをコンバータして再度サーチ。
★GoogleEarthのための簡易位置情報こんばーた
上空より真っ逆さまに地点へ!そこで気づいたことはうちの事務所(っていうか作業室)が写っていない!!(1年ちょい前にできた)一体いつの写真を使っているんだろうという疑問が。
あとは噂の3D状のビル群を見たいがため、ニューヨークへ↓
GoogleEarth
こんな感じに詳しくは日本のだとまだまだ出ないようなのが残念。でもおもしろそうなので以下のようなリフェレンスサイト探して色々いじっていこうかと思います。
★Google Earth 観光案内

「Mac mini」と「iPod Hi-Fi」リリース

あーあ、また出ちゃったよ。新しいmac mini(MA205J/A)&(MA206J/A)。
しかもこっちもintel入ってるし。
当然のごとく、去年買った自分のがどんどん古くなっていきます。
ようやく仕事用としてフル回転しはじめたところに、
この新しい方のスペックをみると、なんだか悔しい。

そしてこっち「iPod Hi-Fi」の音質も気になります。
あとでチェックに行かなくては!
それにしても、デカいなー。(というかiPodとのバランスが妙)
設置は確かに簡単かもしれないけど、いつもは、PCモニターを挟んでスピーカー置いて何かしら聴きながら作業しているので、これだと音響配置的に少々キツイ気がします。


ところで、今日なんとか仕事のデータ、納品完了。でほっと一息。
ハードスケジュールでしたが、間に合って本当に良かった!
とにかく、楽しくやれて良かったです。

新しい「MacBook Pro」の中の「iWeb」

Intel Dual Coreあの噂のインテル搭載のノートタイプのMac「MacBook Pro」の出荷開始されました。
店頭で本体を見ると、全くといっていいほど見かけは「PowerBook G4」と変わりません。何人液晶画面下部の小さなロゴを隠して当てられるか?当てられた人はそれこそコアです。私はまだ区別がつかないでしょう。
処理速度4倍の実感は多分映像編集あたりやらないとわからないのでは?と思い(デュアルじゃないCPUを持つ「G5」の方を使用したときの経験をふまえ)つつ、モデル機をいじってました。
でも確かにアプリケーションの立ち上がりは早いです。特に200枚ほどの写真画像を蓄えた「iPhoto」を開いたときなど。(自分のはそろそろサムネイル表示にストレスを感じ始めた頃なので)

まあ、個人的にはほぼ同時に出たマルチメディアソフトパッケージ「iLife'06」に追加された「iWeb」という新しいソフトの機能の方が気になっていたので、主にインストールされてたそれをいじってました。
さすがにPodcast作成ツールがあるのはMacらしくユニークです。あとはブログやPodcastの「RSS」に対応できるように簡単に作成できるのは魅力だと思います。
一応制作を仕事にしている視点からは「ソースコード」を直接編集できなさそう、という問題点はやはり「?」なんで、仕事で使うことはないでしょうが、遊びでやってみるにはおもしろそうだなという印象でした。

「Safari」のブックマークを移動

昔のMac(OS 9)の「Internet Explore」はブックマーク(お気に入り)をインポート&エクスポートできる機能がメニューにあったので、それで簡単に大量のブックマークもファイル化してバックアップしていたのだが、「Safari」にはそのようなメニューがなくて、一瞬困った経験があります。
このように、同じくインターネットを見るブラウザでも機能や初期設定のファイル場所が全然違ったりします。各ブラウザのブックマーク(お気に入り)ファイルの場所を下にまとめてみました。もちろん忘備録です。

[インターネットブラウザのブックマークの移動]
★Safari(OS X より標準搭載)
「ホーム」→「ライブラリ」→「Safari」→「Bookmarks.plist」[詳細]
このファイルを、別のMacの同じ場所に置き換えてあげるだけで、自分のブックマークが反映されて使うことができます。(バックアップになります)

★Firefox
ブックマーク、パスワード、拡張機能などの個人設定をすべて「プロファイル」に保存しています。プロファイルは、ハードディスク上の「プロファイルフォルダ」に保存されています。
☆プロファイルのバックアップ

★Microsoft Internet Explore for Mac(OS 9まで標準搭載。開発終了)
「(Internet Exploreメニュー)ファイル」→「お気に入りのエクスポート」
他のMacのブックマークを使いたい場合は「お気に入りのインポート」
または「Macintosh HD」→「システムフォルダ」→「初期設定」→「Explore」→「Favorites.html」
<<back|<1234567>|next>>
pagetop